日本 | 日本語

CEマーキング

機械の取扱説明書を後日提供すれば、取扱説明書を添付せずに機械を市場に投入できますか?

取扱説明書は、製造業者またはEU域内で設立された製造業者の法定代理人が作成します。取扱説明書は、公式言語のいずれかで作成する必要があります。機械の運用を開始する時点で、オリジナルの取扱説明書を提供する必要があり、必要に応じて機械が使用される国の言語の翻訳を添付する必要があります。

取扱説明書には、機械の運用開始、メンテナンス、機能の検査、必要に応じた修理に必要な設計図および図表、特に機械安全に関して適切な情報がすべて記載されている必要があります。

取扱説明書内の間違った情報により事故が発生した場合は、法的措置が取られる場合があります。取扱説明は書面でのみ提供することが許可されています。

記事の最終変更日:2011年6月16日11:47
著者: Pilz GmbH & Co. KG
改訂番号:1.5

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp