日本 | 日本語

CEマーキング

機械指令に従い、古い機械 (1980年製) は改造 (近代化) した後でCE認証を取得する必要がありますか?

機械安全を保証するには、まずその改造機械に対する大幅な変更であるかどうかを評価する必要があります。通常、機械はその生産性、可用性、安全性の面から最適化および近代化します。このような場合は「機械に対する大幅な変更」とは言えません。そのため、機械のCEマーキングは義務付けられません。

パフォーマンスが向上しても、機械安全は保証されますか?
ただし、改造が機械に対する大幅な変更とはならないという記述は、一般化できません。たとえば、生産性が上がった場合、通常は機械のパフォーマンスも (大幅に) 向上していることになります。この場合、パフォーマンスが向上したときに、機械安全が既存の保護対策で保証されているかどうかを評価する必要があります。保証されない場合は、機械に対する大幅な変更となる場合があります。

最低限の機械安全要求
改造が古い機械に対する大幅な変更とはならない場合であっても、最低限かつ最新の機械安全要求には準拠している必要があります。このような状況は、ドイツ産業安全規則 (BetrSichV) の付属書1の要求から発生したものであり、機械の各作業者は従う義務があります。改造を実行する場合は、この点を考慮してください。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp