日本 | 日本語

PSSヘッドユニットのファームウェア更新

例: ファームウェアをFWバージョン1.5.0から1.6.0に更新します。ファームウェア更新の手順は、すべてのファームウェアバージョンで同じです。

PSS 4000ヘッドモジュールのファームウェア更新方法

  • SDカードがPSS 4000デバイスに挿入されているか確認
  • PCからPLCヘッドモジュールまたはI/O-ヘッドモジュールに直接接続
  • お客様のPCのIPを装置の範囲に変更 (たとえばPC:169.254.1.5およびPSS:169.254.1.1).
  • PSS 4000 Headのスイッチをオン
  • PAS4000を起動
  • “Open Online Network Editor”-ボタンをクリック
  • “Scan network”ボタンをクリック
  • 装置が表示されます。PSS 4000 Headの行が点滅していたら、正常に接続されています。その時点でファームウェア更新が可能になります。
  • PSSuヘッドモジュールのファームウェアzipファイルをダウンロード
  • そのため、マウスでデバイスを右クリックします。
  • “Load Firmware File”を選択
  • PSSuヘッドモジュールの正しいファームウェアァイルを選択(例: PSSu_H_PLC1_FS_SN_SD-1_6_0)
  • "Open"をクリックします。
  • ファームウェアパッケージのファイルがダウンロードされました
  • 続行するには、“OK”をクリックします。
  • ファームウェアの更新を開始します。
  • そのため、マウスでデバイスを右クリックします。
  • “Update firmware”を選択します。
  • „yes“で確認します。
  • ファームウェアの更新が開始します。
  • ファームウェアの更新に成功しました。

ダウンロード

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp