比較 0
日本 | 日本語
6製品中 製品が比較リストに入っています

SafetyEYEツール

SafetyEYEコンフィグレータ - PCで検出ゾーンを設定

SafetyEYEツール

SafetyEYE安全カメラシステムは、自由に指定したゾーンに侵入する物体を検出し、報告します。SafetyEYEコンフィグレータを使用して、仮想検出ゾーン、警告ゾーン、安全カメラシステムをPC上で操作するために必要なその他のパラメータのコンフィグレーションを行えます。

プロジェクト全体の手順が、順を追って表示されます。マウスをクリックするだけで警告ゾーンと検出ゾーンを設定できます。3Dゾーンにプロパティを割り付けるだけでなく、PSS制御システムの入出力にアクションを割り付けることもできます。一旦検出ゾーンを定義すれば、ゾーンはクリックするだけで変更できます。

もう1つの特長: SafetyEYEコンフィグレータを使用すると、ユーザは分析ユニットもプログラマブル安全システムもイーサネットに接続してプログラム可能です。SafetyEYEコンフィグレータの入出力を、機械コントローラのインタフェースとして利用できます。

わかりやすいプロジェクト設計と検出ゾーンのコンフィグレーション

  • プロジェクトを短時間かつエラーなしで作成および編集
  • 3Dゾーンを自由に、または事前定義された幾何学図形を利用して作成
  • 入出力のフリーコンフィグレーション
  • ロジックファンクションを使用してI/Oをドラッグアンドドロップで論理的にリンク
  • 迅速な試運転と最小限の配線作業
  • 警告ゾーンと検出ゾーンをゾーン配置に組み合わせることで複雑なプロセスを簡単に実現
  • 1台のセンサで複数の独立したゾーンを監視および制御
  • 警告ゾーンおよび/または検出ゾーンへの侵入を自動的に記録
わかりやすいプロジェクト設計と検出ゾーンのコンフィグレーション

SafetyEYEツールの特長

SafetyEYEツールの特長
  • 事前に定義されたさまざまな図形を使用するか、手作業で検出ゾーンを作成
  • 16種類の切り替え可能なゾーン配置
  • さまざまなビュー (2D、3D)
  • 安全距離の一時停止

SafetyEYEツールによる容易なコンフィグレーション

SafetyEYEコンフィグレータは、必要なゾーンと物体の設計およびコンフィグレーションに使用されます。このソフトウェアは、検出ゾーンの侵入を登録、評価、および自動的に文書化する場合に使用できます。

SafetyEYEツールによる容易なコンフィグレーション

SafetyEYEツールの産業分野

製品ラインアップ: SafetyEYEツール

SafetyEYEコンフィグレータライセンス

さまざまなバージョンがあります。ベーシックライセンス、ユーザライセンス、プロジェクトライセンス、ベーシックアップグレードライセンス、ユーザアップグレードライセンス、プロジェクトアップグレードライセンスから選択してください。

ダウンロード

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。