比較 0
ビデオチュートリアル
日本 | 日本語
6製品中 製品が比較リストに入っています

安全扉システムPSENmlock

安全ガードロックと安全インターロックを一体型製品で!

安全扉システムPSENmlockは、人とプロセス保護の最高カテゴリPL eまで対応する安全インターロックおよび安全ガードロックを提供します。

ガードロック装置は2チャンネルオペレーションのため、安全ガードロックが可能です。そのため、スイッチは危険なオーバーランを伴い、かつPL dまたはPL eに適合した安全ガードロックも必要とする機械に最適です。

ピルツの制御技術と組み合わせれば、ガード監視用の安全のトータルソリューションを入手できます。

直列接続したPSENmlock

直列接続したPSENmlock

PSENmlockの基本タイプの他、直列接続向けのタイプも提供しています。このバージョンは、配線作業の削減と安全入出力信号の直列接続によって、費用対効果に優れた取り付けを実現します。

安全装置診断(SDD)と組み合わせて、個々のスイッチや扉を個別制御できます - 高価な制御盤内の個別配線は不要です。
SDDはさらに、安全スイッチのシンプルかつ包括的な診断を可能にし、ダウンタイムを削減します。これによって、低コストの直列接続を実現し、配線作業を簡略化できます。

安全装置診断

エスケープリリース装備のPSENmlock

2種類のエスケープリリースは、オプションのアクセサリとして、全型式のPSENmlockと組み合わせることが可能です。

  • 取り付け棒を使用してPSENmlエスケープリリースを直接ベースユニットに接続します。
  • PSENmlエスケープリリースコードセットは、プッシュプルロープでPSENmlockに取り付けられます。そのため、安全扉スイッチとエスケープリリースの物理的に独立した場所への取り付けが可能になります。

PSENmlockと押しボタンユニットPITgatebox

PSENmlockと押しボタンユニットPITgatebox

PSENmlockと押しボタンユニットPITgateboxを組み合わせて、オペレータファンクションと押しボタンファンクションを追加: 非常停止押しボタンから照光式押しボタン、キースイッチ、キー操作押しボタンまで対応します。4種類のPITgateboxを利用できます。

PSENmlockに最適なドアハンドル

PSENmlockに最適なドアハンドル

当社は、安全扉システムPSENmlock向けにカスタマイズされた、幅広い互換性のあるアクセサリを提供します。スイング扉およびスライド扉に適したハンドルにより、安全扉を保護する、経済的で省スペースなソリューションが得られます。ハンドルを追加する必要はありません。

安全扉システムPSENmlockの利点:

  • 安全ガードロックとPL e/SIL 3まで対応する安全ガードインターロックを備えた一体型製品
  • 内蔵の再起動インターロックが不注意によるガードロックの有効化を防止
  • 柔軟に取り付けられるアクチュエータにより、扉がずれていても高い精度で許容値を補正
  • 堅牢なメカニクスとハウジングで耐用期間延長
  • 運転時の消費電力低減
  • 直列接続により配線作業軽減
  • SDDと組み合わせて包括的な診断を簡単に実施
  • リモートエスケープリリースによる簡単な取り付けと低メンテナンスソリューション
  • PITgatebox との組み合わせによるオペレータ/押しボタンファンクションの追加

安全扉システムPSENmlockの特徴:

PSENmlockの特長
  • EN/ISO 14119のすべての要件に対応:
  • 製品型式: 基本タイプと直列接続タイプ
  • コード化のタイプ: コード化、完全コード化、固有コード化
  • 安全な7500 Nの保持力、30 Nの統合ラッチ力
  • ハウジングの3面にLED搭載
  • 保護等級IP67 接続: M12、8ピン、ピグテール3面に補助解除
  • エスケープリリースとリモートエスケープリリース

堅牢な設計と重いドアの保持力

保持力7500 Nを誇る安全扉システムPSENmlockは、不用意にガードが開くことを防止し、最大の安全性を提供します。

オプションのエスケープリリースを使用して、PSENmlockは視界の悪い危険ゾーンのある機械へのアクセス用扉でも使用できます。リモートエスケープリリースにより、安全扉スイッチをオペレータがアクセスできない場所にも取り付け可能になり、危険が発生した場合、従業員が最大限保護されます

PSENmlockの使用
PSENmlockと押しボタンユニットPITgateboxの組み合わせ

直列接続タイプは、複数のドアに安全扉スイッチの取り付けが必要で、センサのネットワーク化が重要な役割を果たす場合最適です。安全装置診断(SDD)なしで現場で直列接続する場合に比べ、SDDを使用すると、個々のスイッチや扉の個別制御が可能です。また、エラー発生時の迅速で包括的な診断で、機械の高い可用性を常に享受できます。

追加のオペレータや押しボタンユニットが必要な場合は、PSENmlockと押しボタンユニットPITgateboxを組み合わせます。対応するハンドルを取り付けてお客様の安全扉アプリケーションを補完することも可能です。

安全扉システムの産業分野

製品レンジ: 安全扉システムPSENmlock

安全扉システムPSENmlock

安全扉システムPSENmlockによる安全インターロックと安全ガードロック。

安全扉システム用アクセサリ

安全扉システムPSENmlockに最適にカスタマイズ: 標準プロファイルとスライド扉取り付け用アクセサリ

ダウンロード

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com