比較 0
日本 | 日本語
6製品中 製品が比較リストに入っています

安全ボルトPSENbolt

安全扉監視の統合ソリューション

安全ボルトPSENbolt

安全ボルトPSENboltは機械式ボルト、ハンドル、および組み合わせ可能な各種安全スイッチから構成されますが、これらは異なる動作原理に基づいています。これにより、割高な社内エンジニアリング費が削減されます。安全ボルトは故障予防や不正操作防止のための最高レベルの要件を満たしていますが、

もう一方では、PSENboltは使用するセンサによって、最大でEN/ISO 13849-1のカテゴリPL e / EN/IEC 62061のSIL CL 3まで適合する安全扉監視も保証します。機械的な手段の変わりとして、PSENboltは特に調整が難しい安全扉の監視に適しています。

安全ボルトPSENbolt - 利点

  • 開発費および取り付けコストの削減
  • 安全スイッチ、ハンドル、およびボルトで構成されるコスト効率が高いソリューション
  • 最大2つのスイッチのシンプルな組み合わせ
  • 機械的な保護と頑丈な素材による長寿命
  • RFID搬送技術およびRFID式安全近接スイッチPSENcodeによる不正操作および故障に対する最大の保護対策
  • ロックピンにより、意図しない閉鎖からボルトを保護

安全ボルトの特長

安全ボルトの特長
  • ドアハンドルおよび安全スイッチのトータルソリューション
  • 製品のPSENcode設計とPSENmechに適合
  • プリエンプティブボルト
  • エスケープリリース搭載バージョン
  • ドアが機械的にロックしないようにするための南京錠を設置

安全ボルトPSENboltによる安全扉監視

安全ボルトPSENboltは調整の難しい安全扉や激しい振動にさらされる安全扉での使用に最適です。安全ボルトは、安全扉を頻繁に開閉する場所でも適しています。使用する安全スイッチの動作原理次第で、安全ボルトPSENboltを使用してさまざまな安全扉のアプリケーションを保護することが可能です。

機械式安全スイッチPSENmech (PSEN me1): プロセスガードにより、PSENmechの強化された抽出力で安全扉が不意に開かれることを防ぎます。

非接触型安全近接スイッチPSENmag 1.4: PSENmagは不正操作防止や故障防止の要求がそれ程厳しくないコスト効率が高いソリューションを実現します。

RFID式安全近接スイッチPSENcode: アクチュエータからスイッチに固有のコードを送信することによって (キーロック原理) スペースを最小限に抑えた最高レベルの操作を保証します。

PSENmech (PSEN me1) とPSENcodeの組み合わせ: PSENmechはプロセスガードによって不意に扉が開かないようにします。PSENcodeはEN ISO 13849-1 PL e / EN/IEC 62061 SIL CL 3まで準拠する最大の不正操防止を提供します。

安全ボルトPSENboltによる安全扉監視

安全ボルトの産業分野

製品ラインアップ: 安全ボルトPSENbolt

安全ボルトPSENbolt

非接触型安全近接スイッチPSENmag、RFID式安全近接スイッチPSENcode、または機械式安全スイッチPSENmechと併用できます。ご自身でご確認ください。

ダウンロード

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。