比較 0
ビデオチュートリアル
日本 | 日本語
6製品中 製品が比較リストに入っています

カメラベースの保護システムPSENvip

プレスブレーキ向けの安全オートメーションソリューション

カメラベースの保護システムPSENvip

カメラベース保護システムPSENvipは移動型の保護システムです。これらのシステムは、曲げ工程全体を視覚的に監視します。上部ダイに取り付けると、投光器と受光器間の保護フィールドにある異物を微小なサイズまで検出します。この製品は堅牢性と機械の高い可用性が特徴です。

カメラベースの保護システムPSENvipには以下の2種類の型式が用意されています。

  • カメラベースの保護システムPSENvip – プレス改造用の安全のトータルソリューション
  • カメラベースの保護システムPSENvip 2 –最新式のプレスブレーキ用統合ソリューション

必要なケーブル、コネクタ、およびアダプタなどのアクセサリは「接続技術」の以下のページでお探しください

 

カメラベースの保護システムPSENvip - プレス改造用の安全のトータルソリューション

移動型保護システムPSENvipと小型安全コントローラ PNOZmultiまたはオートメーションシステムPSS 4000を併用できます。オートメーションシステムPSS 4000の高速制御装置と組み合わせると、PSENvipプロダクティブバージョンは動的ミューティングモードにおいて、基本バージョン比で最高50 %生産性を高めることができます。内蔵LCDディスプレイに明確な診断メッセージが表示されることで、生産性の高い作業に障壁がなくなります。

お客様への重要な情報: PSENvip (PSS 4000の基本バージョンおよびプロダクティブバージョン) の正しく、(安全面において)故障のないパラメータ設定は、設備および生産安全衛生法重要な変更がないことを表しています。認証作業が最小限に抑えられます。

詳細は用語集の「重要な変更」のエントリをご覧ください。

カメラベースの保護システムPSENvip
カメラベース保護システムPSENvip 2

カメラベースの保護システムPSENvip 2 – 最新のプレスブレーキ用の統合ソリューション

PSENvip 2は第二世代の拡張型カメラベース保護システムです。使いやすさ、最大の生産性、および機械の高い可用性がPSENvip 2の特長です。受光器のサイズも約半分に縮小されました。

PSENvip 2をオートメーションシステムPSS 4000と組み合わせて使用できるようになりました! PSENvip 2の高速分析装置をモジュールとして接続するだけでOKです。その結果、プレスブレーキツールのシャットダウン時間とオーバーラン距離の最短化を実現します。

PSENvip 2では装置のディスプレイは不要です。すべての試運転およびコンフィグレーション作業は、プレスブレーキ制御システムのウェブインタフェースを介して直接かつ容易に実行されます。そのため、ユーザは設定をすべて一カ所 (中央) で行うことができます。

PSENvipの利点一覧

  • 安全規格EN 12622に適合した最大限の安全性
  • (レーザベースシステムと比較して) 高可用性と生産性を目指すLEDライトを装備した革新的な光学システム
  • 堅牢な保護システム - 反射、外部光/散光、振動、および (高温のツールなどによる) 温度成層の影響を受けません。
  • LED光源の寿命が長いため、保守作業を削減できます。
  • ツール使用時間を短縮する革新的技術とソフトウェアによる、簡単な初期調整および迅速なツール変更
  • 内蔵ディスプレイ (PSENvip) またはプレスブレーキコントローラのウェブインタフェース (PSENvip 2) を経由した試運転およびコンフィグレーション
  • 評価ユニット、高速分析装置の内蔵FAST機能 (PSENvip 2) による、プレスブレーキツールのシャットダウン時間の大幅な短縮とオーバーラン距離の短縮

保護システムの特長

保護システムの特長
  • 3つのセンシングエリアで広い保護フィールド (19 x 38 mm) に対応
  • 投光器と受光器間の距離はPSENvipでは10m、PSENvip 2では18 mまで対応します。
  • プレート検出のための高度測定フィールド
  • 内蔵のカメラチップは実績のあるSafetyEYEの技術を採用
  • 人体 (目) に安全なLED光線
  • (PSS 4000) の高速分析装置、およびプレスブレーキコントローラのHMIを経由したコンフィグレーション (PSENvip 2) による環境への完全な統合

新製品: 曲げ角度測定機能による安全で高生産なプレスブレーキ動作

カメラベース保護システムPSENvip 2オートメーションシステムPSS 4000のコンビは、最大の生産性と使いやすさの典型です。曲げ角度測定モジュールで、使用可能な画像データがカメラベース保護システムから直接プレスのコントローラへ転送され、効率的な曲げ工程が保証されます。曲げ角度の値は機械のユーザインタフェースに表示されます。時間のかかる手動の角度測定プロセスや高価な変位測定システムはもう必要ありません。これにより、以下のメリットがあります: 

  • 時間の節約
  • コスト節減
  • 追加の装置を取り付けるためのスペースを節約
曲げ角度測定モジュール

プレスブレーキとプレス改造のトータルソリューション

生産性向上のための動的ミューティング

制御システムPSSuniversal PLCは2つの中心タスクを実行: ブレーキプロセス実行中の動的ミューティングと速度プロファイルの監視。これらの機能はソフトウェアプラットフォームPAS4000のブロックとして使用可能です。従って、ベンディングプロセス中に高速でプレートに接近する時間を延長できます。そのため、上部ツールが減速して移動する時間を最低限に抑えます。

大型ツールで安全なプレスブレーキ動作

プレスブレーキで使用される一部のツールは、サイズの問題で、通常のソリューションでは保護できませんEN 12622に従って、それぞれの曲げラインは作業者側で保護フィールドの最低15 mm手間で保護する必用があります。この規格に適合するためには、ツール全体が保護システムの視界に入っていなくてはならないという要求を満たす必要があります。この場合、保護システムPSENvipが役に立ちます。

TÜV Nordより認証を取得した特殊なツール機能を使用して、保護システムPSENvipについてさまざまなサイズのツールが分類されています。ツールクラス1では、安全対策は規格に適合しています。ただしツールクラス2や3の場合、サイズの問題でカメラの画像がツールの一部しか検出できません。

シートメタルまで下がったときに切り替えポイントを持ち上げるか、速度を変えることで、カメラベースの保護システムPSENvipは、形状が大型のツールを安全に監視することもできます。PSENvipはツールの輪郭をチェックし、ツールクラス1、2、3に割り付けます。確立されたクラスの情報をコントローラに伝え、クラス2および3のツールにイネーブルを発行します。リスク分析で定義された切り替え位置も監視します。

プレスブレーキとプレス改造のトータルソリューション

特殊用途プレス用カメラベース保護システムPSENvip LR

新しい長距離対応のPSENvip R LRは最大保護領域18メートル世界初、業界唯一のプレスブレーキ用保護システムです。そのためタンデムプレスなどの特殊用途プレスの監視に最適です。PSENvip R LRは既存のプレスに素早く簡単に取り付けられます。投光器は従来品と同じで、受光器のみ交換する必要があります。タンデムプレスを1つの保護システムだけで監視し、移動型保護システムとライトカーテンの組み合わせは不要になります!

長距離バージョンにはホットプラグ対応保護システムもあります: プレスブレーキを2台隣同士に設置する場合、中央の投光器と受光器を取り除くことができます。再起動なしで、設備1の投光器が設備2の受光器と連動します。そのため、PSENvip R LRで不要なダウンタイムを回避できます。さらに、PSENvipの長距離バージョンは従来通りの高い堅朗性も魅力的です。

カメラベースの保護システムPSENvip LR

安全保護システムの産業分野

製品レンジ: カメラベースの保護システムPSENvip

保護システムPSENvip

カメラベースの保護システムPSENvipはさまざまなタイプが用意されています。安全と生産性が最も重視されています。

保護システム用アクセサリ

ピルツはカメラベースの保護システムPSENvip用の幅広い付属品を提供しています。

ダウンロード

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com