比較 0

地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語
6製品中 製品が比較リストに入っています

PAScal Safety Calculator

機能安全検証用計算ツール

PAScal Safety Calculatorは、機械設備の安全機能で達成可能なPL (パフォーマンスレベル) およびSIL (安全度水準) を利用する部品に応じて計算します。結果は、必要なEN ISO 13849のPL、またはEN/IEC 62061のSILによって検証されます。必要なアクションがあれば、ツールに表示されます。わかりやすく、面白いアニメーションで、PAScalの機能を細部までお確かめください。

無料ダウンロードとお問い合わせ先

PAScalソフトウェア (ライセンス登録なし) を無料でダウンロードできます。お客様の要件に合わせて、多数の追加機能をご利用いただけるフルバージョンのライセンスキーもご購入いただけます。

PAScalに関するご質問は、当社のインターナショナルホットラインで承ります。+49 711 3409-444またはsupport@pilz.com

計算ツールPAScalの利点をご活用ください。

  • EN ISO 13849-1に適合した安全機能の計算
  • 大規模なプロジェクトを確実かつ明確に管理
  • 企業ネットワークの分散型プロジェクトマネージャにより、簡単に共同作業を実行
  • 検索機能で部品を容易に検索
  • ライブラリの変更時にはプロジェクトを自動的に更新
  • レポートとナビゲーションは6言語に対応
  • 認証機関TÜV-Südによる計算結果の認証
  • データの機密保持 (PAScalはお客様のシステムで動作)
  • リスクマネジメントツールからデータを受け入れるオプション
  • メーカのライブラリからのインポート/エクスポート機能による製品非依存 (VDMA 66413、Sistema、サードパーティメーカ、Excel、PAScal形式など)
計算ツールPAScalの利点をご活用ください。

優れたパフォーマンスと幅広い機能

優れたパフォーマンスと幅広い機能
  • PAScalは、VDMA 66413ライブラリ形式をサポート
  • メーカ横断型の標準化されたデータ表示
  • エディタを使用して独自の部品ライブラリを作成
  • PAScalコンバータによって他の形式のデータをVDMA 66413ライブラリ形式に変換

アプリケーション

ステップ1 - EN ISO 13849-1に適合したプロジェクトの作成

最初のステップでは、プロジェクトまたは機械の一般的データを記録します。これは、既定のワークフローに従って行うことも、プロジェクト管理ユーティリティで直接データを入力することもできます。バージョンは、現在の日付またはユーザ定義のバージョン番号で自動的に追跡できます。

EN ISO 13849-1に適合したプロジェクトの作成

ステップ2 - EN ISO 13849-1に適合した安全機能の作成

次に、対応する安全機能を段階的に作成して、各リスクに対処します。安全機能に名前を付けて、その意味を記載します。(EN ISO 13849に適合して) 必要なPLrを直接入力するか、リスクグラフからPLrを決定します。

EN ISO 13849-1に適合した安全機能の作成

ステップ3 - EN ISO 13849-1に適合した安全機能のモデル化

次のステップでは、利用可能な路図に基づいて、個々の安全機能をモデル化します。ライブラリには充実した部品が用意されているため、手作業で入力する必要はほとんどありません。ライブラリからエディタウィンドウに部品を「ドラッグアンドドロップ」するだけで済みます。

別の部品の検索機能

作成するライブラリと部品が増えるほど、EN ISO 13849に適合した適切な部品の識別が困難になります。これには、検索機能が役に立ちます。基本の装置を選択してから、装置の各種バージョンやアプリケーションを選択するだけで済みます。追加の資料、画像、回路図などをいつでも追加して、アセスメントに詳細な説明を追加できます。

部品/製品の摩耗率がサイクル数により異なる場合は、内蔵変換ツールを使用して、通常入手できる情報から値を決定できます。Safety Calculatorには個々の装置や構造に必要なデータが表示されます。

もちろん、ツールはCCF (共通原因故障) も評価します。EN ISO 13849-1の質問表は、エントリにコメントを追加するための便利なチェックリストとして利用できます。

PLrで要求される安全性レベルをまだ達成していない場合には、重要なファンクションに関する警告という形で即時に表示されます。モデル化のプロセスを通じて、[SRP/CSの結果] タブにEN ISO 13849-1/EN/IEC 62061に適合したすべての安全機能の現在のアセスメント状態を表示できます。

EN ISO 13849-1に適合した安全機能のモデル化

ステップ4 - EN ISO 13849-1に適合した最終アセスメントとレポート

最終レポートには、アーカイブに必要なすべての情報が含まれています。範囲、設計および言語は、お客様の要件に応じて適応できます。

全く新しいコンフィグレーションが必要になることはごくまれなため、ほとんどのデータを次回のプロジェクトで再利用できます。そのため、EN ISO 13849-1に適合した安全レベルをこれまで以上に容易に決定できます。

EN ISO 13849-1に適合した最終アセスメントとレポート

製品ラインアップ: Safety Calculator PAScal

Safety Calculator PAScal - ライセンス

お客様の要件に最適のSafety Calculator PAScalライセンスをご選択ください。

ダウンロード

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。