比較 0
ビデオチュートリアル
日本 | 日本語
6製品中 製品が比較リストに入っています

ウェブベース視覚化用HMIソフトウェアPASvisu

ウェブベースHMIソフトウェア - オートメーションの全貌を表示!

ウェブベース視覚化用HMIソフトウェアPASvisu

PASvisuを使用して、オートメーションプロジェクトを簡単かつ最適にコンフィグレーションおよび視覚化できます。便利で包括的な設備の全体像を現場で、またリモートアクセスを使用して作成できます。PASvisuは、非常に種類豊富なスタイルシートでオートメーションプロジェクトを見映えよく表示します。

PASvisuでは1つのプロジェクトで複数のソースからのデータを表示することが可能です。数値がPNOZmulti 2やPSS 4000などの異なるコントローラやオートメーションシステムなどから来ていても問題ありません。PASvisuなら1つの視覚化プロジェクトで、診断オプションも含めて、すべてのデータを一緒に表示することが可能です。

さらに迅速なオートメーションプロジェクトのコンフィグレーション

視覚化ソフトウェアPASvisuの最新バージョンを使用すると、視覚化プロジェクトがさらに速く動作します。設備や機械の視覚化システム作成の時間を短縮するため、コンフィグレーションツールPASvisu Builderのパフォーマンスを改良しました。さらに、ツールの「元に戻す」機能と「やり直す」機能が追加され、細かいエラーを素早く簡単に元に戻し、情報を回収することも可能です。

新製品: 互換性のあるタッチスクリーン視覚化パネルPMIvisuのHMI機能によって、機械で機能安全に対応するオペレーティングモードの選択を管理することが可能になりました。TÜV SÜDより認証を取得しています。認証書の詳細はこちらをご覧ください。


最新バージョンのPASvisuを今すぐダウンロード!

 

PASvisuが複数のデータソースからの視覚化に対応

直観的で見やすい: PASvisuの利点

  • プロジェクトを加速化: エンジニアリングおよびランタイムからメンテナンスまで
  • PAS4000プロジェクトとPASvisuプロジェクトを接続して、プロジェクト所要時間を短縮
  • 手動による変数の入力や割り付けが不要なため、エンジニアリング時間を短縮
  • プラットフォーム非依存のコンセプトにより、幅広い端末装置に対応するフレキシブルなアプリケーション
  • 言語の切り替え: 言語の作成、エクスポート、インポート
  • データの記録:CSVファイルによる変数のログとエクスポート
  • アドバンストレンドタイル: 記録されたトレンドの表示、的を絞った過去の時間経過のフィルターサーチ、ダイナミックトレンドラインの追加
  • 機械を視覚化するデータセットを便利に定義するレシピ管理機能内蔵

PASvisuは、コンフィグレーションツールPASvisu BuilderとPASvisu Runtimeから構成

PASvisuは、コンフィグレーションツールPASvisu BuilderとPASvisu Runtimeから構成
  • タイルで視覚化: 事前定義されたGUIファンクションにすべての関連する機能 (例: 接頭辞、接尾辞およびエラースタック)搭載
  • プロセス変数は、ツールの自動フィルタアウトで接続(変数の手動設定は不要)
  • CSS3 (カスケードスタイルシート)の機能と外観の分離により、プロジェクト内でさまざまな事前定義されたスタイルを選択可能
  • HTML5の使用により、ウェブブラウザ経由で、PC、タブレット、スマートフォンなど、ほとんどすべての端末装置でプラットフォーム横断のアクセス
  • 純粋なクライアント-サーバ機能 - リモートメンテナンスを現場の操作とは別に実行可能

レシピ管理機能内蔵

レシピ

設備や機械でパラメータを変更するには、特定の仕様が必要です。多数の設定値を作成、変更し、コントローラに転送する必要があります。これをPASvisuの使いやすいレシピ管理機能を使用して簡単に実行できます。変数の値を保存し、データセットに追加します。

このようにして、お客様のレシピ用のデータセットをすばやく簡単に定義し、ランタイムでコントローラにアップロードできます。クローン作成、編集、削除などの変更もいつでも実行可能になりました。

ソフトウェアに対応する視覚化パネル

御社設備の情報がピルツのHMI(Human Machine Interface)、PMIvisuに完璧に視覚化表示されます。オペレータターミナルには高性能なプロセッサが搭載され、使い勝手の良い視覚化ソフトウェアPASvisuがプリインストール、ライセンス登録されています。静電容量ディスプレイには2つのバージョンがあり、それぞれに2つのサイズが用意されています。

PMIvisu v8 – HMIパネル(視覚化ソフトウェア搭載)
PMIvisu v807およびv812は、4.3インチと7インチサイズの高性能な視覚化パネルです。PMIvisuパネルと
小型安全コントローラPNOZmultiまたはオートメーションシステムPSS 4000を併用すると、お客様の設備機械のプロフェッショナルな視覚化が可能になります。

診断および視覚化パネルPMIvisu v7e
コストパフォーマンスのよい診断と7インチまたは12.1インチサイズが用意された視覚化パネルPMIvisu v704eおよびv707eをお選びください。PMIvisu v7eを併用すると、小型安全コントローラPNOZmultiに直接接続し、すべての機能を視覚化、診断可能です。

 

PASvisuは視覚化パネルPMI v7eに完全にカスタマイズ

オートメーションシステムPSS 4000に接続

ウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuは、ピルツのオートメーションシステムPSS 4000に完全に対応します。そのため、制御ソフトウェアPAS4000を視覚化ソフトウェアPASvisuに簡単に接続できます。従って、機械のライフサイクルを通じて、コントローラと視覚化が互いに完璧に連動し、相乗効果をもたらします。

オートメーションシステムPSS 4000に接続

小型安全コントローラPNOZmultiを視覚化ソフトウェアPASvisuに接続

PASvisuのダウンロード

ダウンロード

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com