比較 0
ビデオチュートリアル
日本 | 日本語
6製品中 製品が比較リストに入っています

PES – センサ技術制御パネル

専門的なトレーニングサポートのためのトレーニングシステム: 最も重要なセンサ機能

センサ技術制御パネル

PES – センサ技術制御パネルは、ピルツ教育システム (PES) の包括的なモジュールシリーズの一部です。これらのモジュラ式トレーニングシステムは、実践トレーニングを行うため、産業界で実装されている最新のコンポーネントで構成されています。

PESモジュールでは、機械またはシステムの機能をシミュレートし、トレーニングに使用します。これらのモジュールは、制御パネルで明確に配置された複数の安全機能とオートメーション機能で構成されています。

セーフオートメーション分野における知識移転に最適なツール

ここでは、当社のトレーニングシステム、それらの機能、利用可能なシステムバージョンに関するすべての情報を確認できます。

ピルツ教育システム (PES)

モジュラ式トレーニングおよび学習システム

センサ技術制御パネルを使用して、危険な動作を防護する方法について学習

センサ技術制御パネル

センサ技術制御パネルでは、危険な動作のモデルを作成し、3つの異なる安全機能を実装して機能安全を確保する方法について説明します。

制御パネルには、次の機能がすべて備わっています。機械指令2006/42/ECに従い、非常時の危険を回避または低減できるように、機械およびシステムには非常停止装置を備える必要があります。PITestop非常停止ボタンでこの例を示します。安全扉が開いている間は、両手操作スイッチまたはイネーブルスイッチを使用して危険区域でのプロセスを監視します。RFID式安全近接スイッチPSENcodeが安全扉モニタの機能を担当します。照光式押ボタンを使用すれば、危険な動作をオンまたはオフに切り替えることができます。

センサ技術制御パネルに関する3つのオプションから選択

センサ技術制御パネルI: このトレーニングシステムモジュールは、非常停止装置、両手操作ボタン (PITjog、安全扉が開いている際に危険区域でプロセスを監視する作業員を保護する) および安全扉を監視するためのコード化安全スイッチを備えています。

センサ技術制御パネルII: このトレーニングシステムモジュールは、非常停止装置、3段階イネーブルスイッチ (PITenable、危険区域で作業する際のマニュアルコントローラ) および安全扉監視用のコード化安全スイッチを備えています。

センサ技術制御パネルIII: このトレーニングシステムモジュールは、非常停止装置、3段階承認スイッチ (PITenable、危険区域で作業する際のマニュアルコントローラ) および安全扉監視用のコード化安全スイッチを備えています。プロセスは、「セットアップモード」がアクティブになっている状態で、安全かつ減速された状態でシミュレートされます。2つのイニシエータがモータのロータリーディスクを監視します。

PES – センサ技術制御パネルの学習目的

  • 機械指令2006/42/ECのアプリケーションだけでなく、機械またはシステムのリスクアセスメントについて学習
  • 危険な動作の防護
  • 各種安全機能を実装して機能安全を確保
  • 各種オペレーティングモードでの両手操作スイッチの使用
  • 危険区域での作業中におけるイネーブルスイッチの使用
  • 照光式押ボタンの使用
  • 制御回路の設計
  • ファンクションテストの実施

当社の製品レンジ: PES – センサ技術制御パネル

センサ技術制御パネル

このトレーニングシステムモジュールは、非常停止装置、両手操作スイッチ、イネーブルスイッチ、および安全扉監視用のコード化安全スイッチを備えています。

ダウンロード

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp