比較 0
ビデオチュートリアル
日本 | 日本語
6製品中 製品が比較リストに入っています

安全装置診断 (SDD)

シンプルな診断機能でサービスオペレーションを削減

SDD

安全装置診断 (SDD) によって、ピルツ安全装置上の広範囲の診断データの呼び出しが可能になります。こうすることで、お客様の敷地内でのサービスオペレーションは減少します。エンドユーザは高い設備の可用性を享受でき、ダウンタイムも削減できます。

この使いやすい拡張機能により、SDDはメカトロアプローチにも対応します。これは、フィールドバスモジュール、ジャンクションボックスおよび対応する安全装置 (PSENcodeなど) で構成されています。安全装置上の従来の信号接点は、フィールドバスモジュールによって自動的に有効化され、診断システムにおいて機能します。

1つのセンサ、拡張診断

  • サービス工数の発生を防ぎ、ダウンタイムを削減する広範な診断 (ウェブサーバ経由のリモート診断など)
  • 同一センサおよびオプションのIP67配線の利用によるわかりやすい診断
  • 情報はフィールドバスモジュールの内蔵ディスプレーを介して直接受信
  • 現場で直列接続できるため、すばやく簡単に設置可能
  • 全安全装置用の設備バスへのインタフェース
  • フィールドバスモジュールのI/Oを介してサードパーティ製の装置を直接接続
  • PNOZ XまたはPNOZsigmaと組み合わせて、経済的でトータルなワンストップソリューション

SDDの特長

SDDの特長
  • フィールドバスモジュール、ジャンクションボックスおよび安全機器で構成されるシステム
  • フィールドバスモジュールによる安全装置の自動起動
  • 直列接続または個別配線された16台のセンサに対応
  • コンフィグレーション可能なI/Oを6台追加
  • ケーブル長: 最大総延長900 m、装置1から装置2へは50 m、最終装置から通信モジュールまでは150 m
  • 応答時間 (非安全関連): 安全関連データについては各安全装置を参照、診断データ < 1 秒

安全装置をいつでもどこでも監視

安全装置 (PSENcodeなど) はフィールドバスモジュールにより自動的に有効化します。これによってSDDの信号接点が有効になります。たとえば、現場でのセンサの簡単な直列接続や、ウェブサーバ経由のリモート保守作業が可能です。

SDDもまた、お客様のアプリケーションの理想のソリューションです。安全装置の概要をいつでもどこでも確実に管理します。

SDDのアプリケーション

産業におけるSDDの利用

当社の製品レンジ: 安全装置診断 (SDD)

フィールドバスモジュール

安全装置診断用フィールドバスモジュールは、内蔵ディスプレーを装備し、お客様の設備のバスやPCへの接続に合わせることができます。

配線ガイド

安全装置診断の素早く簡単なインストールのための配線ガイド

安全装置診断用アクセサリ

ここでは、安全装置診断用の適切なアクセサリが見つかります(ケージ式端子およびスクリュー式端子など)。

ダウンロード

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp