比較 0
ビデオチュートリアル
日本 | 日本語
6製品中 製品が比較リストに入っています

PNOZmulti 2小型コントローラ - 通信モジュール

PNOZmultiの診断 – すべてを把握

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2用通信モジュール

小型安全コントローラPNOZmultiはすべての一般的なフィールドバスおよびイーサネットシステムに接続できます。従って、非常に幅広いアプリケーション用のコントローラとの接続が保証されています。通信モジュールは、診断やステータス情報を上位のコントローラに送信するために使用されます。

PNOZmulti 2は幅広い接続オプションを備えた小型安全コントローラです。ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータでフィールドバスモジュールの入出力をコンフィグレーションすることは、驚くほど簡単です。通信モジュールとフィールドバスモジュールを使用して、診断データを読み取り、オートメーション機能の仮想入出力を設定します。

PNOZmultiを別のフィールドバスシステムに接続する必要がある場合でも、プログラムを変更することなく簡単に実施できます。フィールドバスモジュールを他の適切なモジュールに交換するだけで対応できます。ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータでワンクリックして診断ソリューションPVISを選択します。お客様独自のカスタマイズテキストを簡単に統合できます。

視覚化については、ウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuをオペレータターミナルPMIvisuと組み合わせて使用すると、完璧なオートメーションソリューションとなります。

PNOZmulti 2の通信モジュールを使用する利点

  • すべての一般的なフィールドバスおよびイーサネットシステムに接続できるため、世界中でアプリケーションの選択肢
  • プログラムの変更を行わず、フィールドバスモジュールを簡単に交換
  • ユーザフレンドリな診断オプションにより、短いダウンタイムと高い設備の可用性を実現
  • リアルタイムイーサネットSafetyNET p経由の安全な通信
  • 小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2は、産業、国、機械の種類に関係なく使用できます。

SafetyNETp経由の安全な通信

安全なリアルタイムイーサネットSafetyNET p経由で、最大16台のPNOZmulti 2ベースユニットを接続できます。これは、安全増設モジュールPNOZ m EF SafetyNETを使って達成できます。RTFL経由で32ビットデータを交換し、お客様のアプリケーションの応答時間を短縮します。このデータリンクでは、明確に構造化されたデータインタフェースにより、入力は128ビットに、出力は32ビットにコンフィグレーションされます。

ソフトウェアツールPNOZmulti Network Editorは、SafetyNET pネットワークのコンフィグレーションとプロジェクトのリンクに使用します。PNOZmultiコンフィグレータから直接呼び出され、PNOZmultiプロジェクトの入出力画像の変数をリンクできます。PNOZmultiシステムにアップロードされると、SafetyNET pネットワークが使えるようになります。

各ベースユニット (PNOZ m B0またはPNOZ m B1) には、安全増設モジュールPNOZ m EF SafetyNETを使用します。必要に応じて、ベースユニットを組み合わせることができます。また、PNOZmultiとPNOZmulti MiniベースユニットをMultiリンク増設モジュール経由でネットワークに組み込むこともできます。

PNOZmulti 2用通信モジュール製品の特長

  • 小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2のベースユニットに接続用の増設モジュール
  • ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータでコンフィグレーション可能
  • 安全リアルタイムイーサネットSafetyNET p経由で最大16台のPNOZmulti 2ベースユニットをリンク可能
  • RTFL経由で32ビットのデータを交換でき、それによって入力は128ビット、出力は32ビットでコンフィグレーション
  • フィールドバスシステムへの接続用
  • フィールドバスとの通信および通信エラーのステータス表示
  • 制御システム PNOZmulti 2の仮想出力128点を、フィールドバスとの通信用にPNOZmultiコンフィグレータで定義可能
  • ベースユニットに最大1台のフィールドバスモジュールを接続可能
  • プラグイン接続端子 – ケージ式端子またはスクリュー式端子のアクセサリを用意
  • PNOZ m B0のみ: フィールドバスモジュールに加え、通信モジュールPNOZ m ES ETH(2つのイーサネットインタフェース装備)およびPNOZ m ES RS232(1つのRS232インタフェース装備)を接続可能

PNOZmulti 2用通信モジュール製品の特長

  • 小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2のベースユニットに接続用の増設モジュール
  • ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータによるコンフィグレーション
  • 最大16台の PNOZmulti 2ベースユニットを安全リアルタイムイーサネットSafetyNET p経由でリンク可能
  • 32ビットのデータをRTFL経由で交換でき、それによって入力は128ビット、出力は32ビットでコンフィグレーション
  • フィールドバスへの接続用
  • フィールドバスとの接続および通信エラーのステータス表示
  • 制御システムPNOZmulti 2の仮想出力128点をフィールドバスとの通信用にPNOZmultiコンフィグレータで定義可能
  • 最大1台のフィールドバスモジュールをベースユニットに接続
  • プラグイン接続端子 – ケージ式端子またはスクリュー式端子のアクセサリを用意
  • PNOZ m B0のみ: フィールドバスモジュールに加え、通信モジュールPNOZ m ES ETH(2つのイーサネットインタフェース装備)およびPNOZ m ES RS232(1つのRS232インタフェース装備)を接続可能

PNOZmulti 2用通信モジュールの技術的特長に関する詳しい情報は、小型安全コントローラPNOZmultiのテクニカルカタログでもご覧いただけます。 

ダウンロード

製品レンジ: PNOZmulti 2 – 通信モジュール

PNOZmulti 2 – 通信モジュール

あらゆる一般的な通信ネットワーク用の通信モジュールとフィールドバスモジュールが揃っています。

ダウンロード

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com