比較 0

地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語
6製品中 製品が比較リストに入っています

安全リレーPNOZpower

高負荷を安全に切り替え

非常停止、安全扉、ライトバリヤの監視には、モジュラ式安全リレーPNOZpowerをご利用ください。PNOZpowerを使用すると、接点ごとに最大16AのAC/DC電流を切り替えることができます。各モジュールでは、全体のブレーカ容量として40Aまでが利用可能です。

いずれの場合も、外部コンタクタやコンタクタの組み合わせはもう不要です。ベースユニットは入力を処理します。出力モジュールは、個別の負荷に合わせて具体的な値にマッチングします。アプリケーションに応じて、必要な安全接点の数と容量を増減することもできます。最大5個のモジュールをベースユニットに接続できます。モジュールは、内部バスシステムを使用してベースユニットに接続されます。

PNOZpowerは、さらに多数の機能を備えています。6個以上の安全接点を使用するアプリケーションで、コストが節約できます。システムに付加的な接点を追加するのは簡単です。モジュラ式構造によって、配線を増やすことなく接点を追加できます。

 

安全リレーPNOZpower - お客様の利点

  • 外部接触器の組み合わせや接続用の配線はもはや必要ありません。その結果、コスト、スペース、試運転を節約できます。
  • LEDによる診断を活用し、各モジュールの動作ステータスと故障ステータスを呼び出すことでダウンタイムを短縮できます。
  • ユニットは、あらかじめ配線することもできます。プラグイン接続端子を使用して、故障したユニットを容易に交換できます。
  • 負荷の冗長切り替え
  • 実際に使用する機能のコストのみをお支払いいただけます。互換性があり、拡張性が高くフレキシブルなモジュールを幅広く用意していますので、必要な機能にのみ費用をかけることができます。
安全リレーPNOZpower - お客様の利点

さまざまな利点

  • 高負荷および大容量向け
  • 堅牢
  • ドライブを直接停止可能
  • 容易な診断
  • プラグイン接続端子
  • 負荷の冗長切り替え

PNOZpowerを使用した供給電圧とモータの安全な停止

PNOZpowerモジュールのドライブは、PNOZ p1pベースユニットからの直接駆動以外の方法でも駆動できます。接続コネクタPNOZ pe2pでは、小型制御システムPNOZmultiなどに接続できます。電源モジュールは、供給電圧とモータを直接、しかも安全に停止します。モジュールあたり最大16 Aの大電流を切り替える能力により、外部コンタクタは不要になります。

接続コネクタPNOZ pe2pを使用して簡単に連結

PNOZpowerを使用した供給電圧とモータの安全な停止

PNOZpower製品レンジの少なくとも1台の増設モジュールと組み合わせることで、PNOZ pe1p制御モジュールは、モータやバルブ/コンタクタ上の供給電圧を安全にシャットダウンします。PNOZ pe1pは次の製品レンジを使用して稼働可能です。

  • 安全リレーPNOZelog、PNOZ X、およびPNOZsigma
  • 小型制御システムPNOZmulti

お客様の利点: ポテンシャルフリーの最大16 Aの切り替え。

PNOZ pe1p

製品ラインアップ: PNOZpower

非常停止、安全扉、ライトバリヤの監視用

モジュラ式安全リレーPNOZpowerは、非常停止、安全扉、またはライトバリヤを監視します。ベースユニットは入力を処理します。接点増設モジュールは、個別の負荷に合わせて具体的な値にマッチングします。

接点増設モジュール

これらはベースユニット/制御モジュールと組み合わせて使用する接点増設モジュールです。

アクセサリ

ユニバーサル電源、制御モジュール、バスインタフェースなどのアクセサリをご利用ください。

ダウンロード

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。

しばらくお待ちください。データをダウンロード中です。