日本 | 日本語

オストフィルダン, 2019/08/07

ピルツの新しい資格プログラム - 職能開発の組織的アプローチ

ピルツはキャリア開発のための機械安全およびオートメーション分野の新しい国際資格プログラムを開発しました。社内でさらに高度な資格取得を目指せるトレーニングプログラムです。この資格コンセプトでは、世界中でトレーニング参加者が基礎知識からTÜV認定書を取得するエキスパートレベルまで幅広いコースを受講できます。

トレーニングコースの内容や構成は、受講者個人が資格を取得することを目的に作られています。プログラムは自分に合ったレベルから参加し、希望するレベルの資格までトレーニングを継続できます。トレーニングプログラムの特徴の1つは、国際的な整合性があることです。ピルツは各国で、同じ標準に基づいて、さまざまなレベルの資格コースを現地の言語で提供しています。

標準を設定
そのため、小規模な組織では簡単に世界中の従業員の知識を同レベルにすることが可能です。大企業では、継続教育プログラム全体をピルツで実施し、従業員の組織的な技能向上や、全社で標準の資格取得プログラムを実施することができます。
トレーニングプログラムは4つのレベルに分かれています。レベルが上がるごとに内容が複雑になり、テーマによっては、他のレベルの内容に基づいた内容が含まれています。

各レベルごとにより高度な専門知識を習得
「初級」レベルのトレーニングコースは、それぞれのテーマに関する事前の専門知識は不要です。参加者はセミナーに参加、またはウェブベースのトレーニングコース「機械安全 - 導入と実用的な実装」などのEラーニングコースを受講し、そのテーマについての基礎的な知識を習得します。この基礎的な学習により、さらに専門的な内容を学ぶための大まかな知識を身に着けることができます。
「基礎」レベルでピルツは、「機械のリスクアセスメントワークショップ」など、技術的な内容を理解するために必要な基礎知識を提供します。「上級」レベルでは、参加者はすでに特定の分野でかなりの知識と経験を得ているはずです。「CEマーキングの基礎」などのコースでは、参加者はさらに専門的な知識を習得し、重要な分野での専門的な技能を強化できます。
「エキスパート」レベルは特定分野での絶対的な専門家になるためのコースです。「CECE – Certified Expert in CE Marking」などの資格は、必ず外部認証機関による検定および認定が行われます。

ピルツは最新の教育概念に基づいたあらゆるレベルのインタラクティブトレーニングを提供しています。機械安全、オートメーション、技術に加え、トレーニングコースはその他の分野の最新のテーマも扱っています。

「職能開発は終わりのないプロセスです。当社は職能開発や人材開発を続けることは、企業が成長を続けるために重要であることを目の当たりにしてきました。ピルツのプログラムはこの目的にぴったりです。ステップバイステップ、モジュラ構造、完全に個別だからです。」ピルツアカデミー校長、アンドレアス・ショットは説明します。

ピルツのトレーニングに関する詳細情報はこちら

ピルツは機械安全およびオートメーションに関して、多岐にわたる継続的なトレーニングを提供しており、世界各地で受講できます。トレーニングコースは、受講者個人が資格を取得することを目的に作られています。写真: Pilz GmbH & Co. KG
ピルツは機械安全およびオートメーションに関して、多岐にわたる継続的なトレーニングを提供しており、世界各地で受講できます。トレーニングコースは、受講者個人が資格を取得することを目的に作られています。写真: Pilz GmbH & Co. KG / shapecharge/E+/Getty Images

ピルツは機械安全およびオートメーションに関して、多岐にわたる継続的なトレーニングを提供しており、世界各地で受講できます。トレーニングコースは、受講者個人が資格を取得することを目的に作られています。写真: Pilz GmbH & Co. KG / shapecharge/E+/Getty Images

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

マーケティング・コミュニケーショングループ

電話: 045 471 2286
Eメール: mkt@pilz.co.jp