日本 | 日本語

オストフィルダン, 2019/03/19

機械安全: ピルツは国際的なサービスの範囲を拡大 - ご安全に!米国における機械類の適合性

ピルツは機械安全分野の国際的なサービスの範囲を拡大しています。将来、ピルツは米国に機械を輸出、または米国で機械を稼働したい世界の企業も、必要なコンプライアンスの面でサポートします。製造業者および事業者は、自社の設備や機械が米国の機械安全の要件に適合していることを保証できます。

米国向けの機械の輸出や米国での試運転は、複雑な仕様が適用され、州や領土によって異なる場合もあります。ピルツは米国市場の機械の適合性に関連するサービスパッケージを提供します。特筆すべき点として、ピルツの世界中のお客様は、それぞれの国のピルツ子会社で、担当者が付きます。現地の担当者がプロジェクト全体を調整し、実装する際は、米国のピルツのエキスパートの専門知識を利用することができます。

1社によるフルサービス
具体的には、ピルツは機械が現地の当局から認証を取得するために必要なすべての資料を作成します。特に米国の電気関係の要件について、早期に、ピルツのエキスパートが御社の機械の設計段階から設計の評価を行い、アドバイスいたします。ピルツはリスクアセスメントからLOTOシステム(危険なエネルギーに対する保護)、米国での適合性のための妥当性確認レポートまで、現地当局との調整も含め、お客様が必要なすべての対策を実施します。

米国での複雑な仕様
米国では、製品規格(「消防規則」)、電気指令、機械安全の問題を保証する国内法などが混在します。これは新品、中古の機械の他、改良や増設を行った機械にも適用されます。

米国へ機械を販売する製造業者は、設計段階ですべての仕様を確実に考慮し、後から機械の設置場所で運転許可に関連する試運転がスムーズに行えるようにしなければなりません。また、米国において機械のオペレータは、作業場での機械の作業が安全であるよう注意を払う必要があります。その中には、危険なエネルギーを安全に制御するためのLOTOシステムの作成や、適切な保護対策の実施も含まれます。

世界で通用する機械の「パスポート」
「安全な職場」の安全の目標は世界中で同じであっても、地域ごとに、場合によっては国ごとに、設備や機械安全の異なる仕様や法律が適用されます。ある国の指令や規格に適合する機械でも、他の国の規則には適合しない可能性があります。機械を海外に輸出する際、企業は、複雑なコンプライアンスや法律の問題に直面します。その反面、多国籍企業などの事業者は、対象となる国の法的要件を満たす必要があります。
ピルツは、42の子会社の300人以上のエキスパートから成るチームと共に、機械を海外に輸出、または機械を海外で稼働し、コンプライアンスに対応しなければならない製造業者や輸出業者をサポートします。このような「機械のパスポート」を作成することで、ピルツは企業が海外市場に参入しやすくしています。

ピルツは米国市場の機械の適合性のためのサービスパッケージを提供します。
ピルツは米国市場の機械の適合性のためのサービスパッケージを提供します。 © IStock.com/sturti, © Pilz GmbH & Co. KG

ピルツは米国市場の機械の適合性のためのサービスパッケージを提供します。 © IStock.com/sturti, © Pilz GmbH & Co. KG

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

マーケティング・コミュニケーショングループ

電話: 045 471 2286
Eメール: mkt@pilz.co.jp