日本 | 日本語

オストフィルダン, 2018/10/09

SPS IPC Drives 2018: ピルツは安全センサ技術を活性化 - 全感覚を駆使したオートメーション

ニュルンベルクで開催される今年のSPS IPC Drives(会期: 2018年11月27日~29日)で、ピルツは安全センサ技術を中心に展示します。センサ技術のさまざまなアプリケーション向けのコンポーネントやトータルソリューションのデモをご覧いただけます。新しいライトカーテンPSENopt II(ボディプロテクション)がニュルンベルクで初公開されます。ドライブ技術ピルツモーションコントロール(PMC)の新製品や、新しい資格コース"CECE – Certified Expert in CE Marking" も展示会で紹介します。

ピルツのスマートファクトリーは、展示会で安全センサ技術を活性化させます。このモジュラ式生産ラインは、再び拡張さたIndustrie 4.0の実用例です。分散型制御インテリジェンス、モジュラ式サービスロボット、インテリジェント診断および視覚化、Cloud接続などにより、さまざまなバッチサイズ1製品の製造が可能になり、セキュリティ対策も施されます。
安全センサ技術が中心的なタスクを実行: 従来のエリアおよびゾーン監視や安全扉の保護、或いは人とロボットの協働から、品質管理診断や機械の操作などの新しいアプリケーションまで対応します。

コンポーネントからモジュラ式安全システムまで
個々のコンポーネントを接続してシステムを構成すると、インテリジェントで経済的なソリューションを構築できます: ニュルンベルクでピルツが紹介するモジュラ式安全扉システム、安全扉保護用の個々のソリューションを使用すると、不具合が発生した場合も迅速な診断が可能になります。動的な圧力検出安全マットPSENmatは、1つのデバイスで仮想押しボタンを使用して、監視および制御機能を提供します。安全レーザスキャナPSENscanで生産エリア監視を実行できます。

ライトカーテンPSENopt II: ボディプロテクション用ニューバージョン
ニュルンベルクで、ピルツはライトカーテンPSENopt IIのニューバージョンを発表します。保護フィールドの高さが最大1500 mmで、フィンガーおよびハンドプロテクションに加え、ボディプロテクションも最高の安全カテゴリPL eに適合します。耐衝撃性50 gのため、PSENopt IIは衝撃、振動、衝突に耐え、極めて堅牢です。最大50 mの保護エリアとLEDによる容易な診断機能で、危険エリアの経済的な監視が可能です。

複数のピルツサービスロボットのデモ
ピルツはサービスロボットモジュールを発売し、ロボティクス製品ポートフォリオを拡張します。積み木方式で、ユーザは個々のサービスロボットアプリケーションを構築できます。ピルツサービスロボットモジュールは、マニプレータ制御モジュールオペレーティングモジュール、ソフトウェアフレームワーク「ロボットオペレーティングシステム」(ROS)に基づくソフトウェアモジュールで構成されます。ニュルンベルクでは、ピルツのサービスロボットを以下のようなさまざまなアプリケーションでご覧いただけます: 双腕バージョン、無人搬送車(AGV)と相互作用するモバイルバージョン、スマートファクトリーのピックアンドプレイスアプリケーション、および油圧で動作する「小型プレス」など。

ピルツのモーションコントロール: パフォーマンス向上、コスト削減
ニュルンベルクで発表する新製品の1つに、ピルツの新世代モーションコントロールシステムPMCprimo C2があります。パフォーマンスの向上により、サイクル数が増え、生産品質が高くなります。多数のインタフェースやエンコーダ入力に加え、データセキュリティのためのジタル入出力やUSBインタフェースで、高い柔軟性を確保します。
純粋なデジタルモータフィードバックプロトコルHIPERFACE DSLはサーボモータPMCtendo SZでもご利用可能になりました。周波数変換機とモータフィードバックシステム間で、最短の接続ケーブルを使用します。そのため、サーボモータPMCtendo SZは、ドライブ技術でシングルケーブルソリューションを使用するトレンドをサポートしています。コスト節約のみならず、省スペース、取り付けの工数削減も実現します。

CEエキスパートとして世界で認められる資格
ピルツは秋からトレーニングコースを拡張し、"CECE – Certified Expert in CE Marking"の資格コースを開講します。この国際的な資格コースは、TÜV Nordに認証されており、新規、既存、または更新された機械のCEマーキングを実施するために必要な専門知識を提供します。

SPS IPC Drives 2018: ピルツはホール9、ブース370に出展します。
ピルツブースの詳しい情報はこちら

SPS IPC Drives 2018のピルツブースでは、安全センサ技術を中心に展示します。
SPS IPC Drives 2018のピルツブースでは、安全センサ技術を中心に展示します。

SPS IPC Drives 2018のピルツブースでは、安全センサ技術を中心に展示します。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

マーケティング・コミュニケーショングループ

電話: 045 471 2286
Eメール: mkt@pilz.co.jp