日本 | 日本語

オストフィルダン, 2018/10/31

モジュラ式教育システムPES - 安全オートメーション: ノウハウを習得

ピルツは、モジュラ式トレーニングシステムであるピルツ教育システム(PES)を市場に投入します。この製品によって、研修機関や継続教育機関は、安全オートメーション技術分野の実践的なトレーニングを改善することができます。

センサ技術から、制御、操作、メンテナンスの他、実際の設備を模したボードまで、全部で9つの制御盤があり、互いに組み合わせ可能です。「本物」の産業用コンポーネントを使用するため、設備や機械の安全やオートメーション機能を現実的にシミュレーションすることができます。

実践的な学習で理解しやすい
トレーニングシステムのモジュールは、組み立ての必要はなく、さまざまな組み合わせですぐに使用できます。付属の資料で、説明を受けなくても、自習のみで演習を行えます。ピルツは、この製品を電気工学やオートメーション分野の事業会社、職業訓練専門学校、大学などの教育機関向けに提供します。

難易度を個別に選択可能
ピルツ教育システムを使用して、たとえば、実習生が安全オートメーションの実践の基礎を習得できます。配線例を参考にして、各自がプロジェクトを実行し、与えられた練習問題に基づいてタスクに取り組みます。難易度は変更可能: 導入用に、指導者は、たとえば基本的なセンサ技術機能やリレーの装備されたモジュールを使用することができます。そうすることで、プログラミングの知識がなくても、機械安全の基礎をわかりやすく説明できます。

授業が進むに連れて、より複雑なコントローラ(たとえばロジックに関連する制御盤)を使用し、生徒は、固定または自由なコンフィグレーションで、さらに複雑な安全回路を作成する方法を学べます。「コンベヤベルトのアクチュエータ技術」制御盤は、機械全体と安全およびオートメーション機能をシミュレーションしているため、実践を最も重視しています。目標: 生徒がさまざまなプログラミング言語を使用してシステムを作動させ、コンベヤベルトのワークピースを動かして、必要に応じて適切な安全機能を動作させる能力の習得を目ざします。

実践的な学習で理解しやすい:  ピルツ教育システムは、ピルツの提供する安全オートメーション技術のモジュラ式トレーニングシステムです。
実践的な学習で理解しやすい:  ピルツ教育システムは、ピルツの提供する安全オートメーション技術のモジュラ式トレーニングシステムです。

実践的な学習で理解しやすい: ピルツ教育システムは、ピルツの提供する安全オートメーション技術のモジュラ式トレーニングシステムです。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

マーケティング・コミュニケーショングループ

電話: 045 471 2286
Eメール: mkt@pilz.co.jp