日本 | 日本語

オストフィルダン, 2018/04/12

ピルツは売上高と従業員数を増やすことで成長を続けるとともに、新たなポートフォリオであるサービスロボティクス向けのモジュールの提供を開始します: 「2017年はおかげさまで大成功の1年でした。」

Pilz GmbH & Co. KGグループは現在も成長を続けています。2017年会計年度では、このオートメーション企業の売上は3億3,800万ユーロ、従業員数は約2,300人へと増加しました。特にアジア市場における需要の増大が目立ちました。2018年は、基幹ビジネスのさらなる成長を期待すると同時に、サービスロボティクス向けの新たなモジュラ式の製品やサービスの提供も推進します。

「2017年を振り返ると、ビジネスは好調でした。売上目標の上方修正、従業員の増員、オストフィルダン本社での研究開発活動の拡大を達成し、また将来に備えてアイルランドのコークではソフトウェア開発センター用の新社屋にも投資しました」と、Pilz GmbH & Co. KGの経営パートナーであるスザンネ・クンスチャートは説明します。

売上増大、従業員増員
2017年、ピルツは3億3,800万ユーロの売上を達成しました。これは対前年比で10.6%の増加となります。2017年12月31日時点で、ピルツは世界中の40社の子会社で2,346人の従業員を雇用しました。そして2017年には世界中で174の仕事を新たに生み出しました。これは、2016年事業年度に比べて8%の増加です。2017年12月31日の時点では、1,067人の社員がオストフィルダンの本社で働いていました (対前年比で42人の増加)。

増加を続ける輸出シェア
71.9%の輸出シェア (対2016年比で0.7%の増加) は、オートメーションソリューションのサプライヤであるピルツが、国際市場を重視していることを裏付けています。この好結果を生んだ最大の要因は、アジア市場におけるピルツの製品およびサービスへの強力な需要の存在です。2017年、アジアはピルツにとって最も成長が著しかった地域で、その成長率は30%を越えており、将来的にも大きな可能性を秘めています。

ロボット工学による継続的な成長
ピルツはこれまで、その製品範囲の中でも主に、安全リレーなどの従来品の分野で成長を遂げてきました。センサ技術やサービス分野における継続的な成長には、特に満足しています。

2018年、ピルツはそのポートフォリオをロボット工学分野へと拡大する予定です: ピルツは、産業環境で活躍するサービスロボティクス向けの新しいモジュールを提供します。最初に取り組むのは、モバイルオペレータモジュール、コントロールモジュール、ロボットアームモジュール、つまり自社開発のロボットアームです。ピルツはピック&プレースアプリケーションや一部自動化されたモジュラ式「小型ロボットセル」に取り組んでおり、今年のAutomatica国際見本市でサービスロボティクスモジュールを公開する予定です。「私達はいずれ、ロボット安全分野でトータルソリューションを提供するテクノロジー企業へと発展するでしょう」と、スザンネ・クンスチャートは述べています。

注目の革新技術
2017年にも、ピルツの革新性は十分に発揮されました: ピルツは、その売上の約20%を研究開発に投資しています。また、さらなる技術革新のための取り組みも進めています。オストフィルダン本社のかつての生産拠点を新たなR&Dセンターへと建て替えたり、アイルランドのコークの新しい社屋によってソフトウェア開発部門を拡張しています。この両拠点に対し、ピルツはそれぞれ700万ユーロを投資しています。

2018年、ピルツは2017年の成功をつなげようとしています。「私達は継続的な成長を望んでいます。2018年事業年度は順調なスタートを切れました。現時点での受注状況を見る限り、すべては計画通り進んでいます」と、スザンネ・クンスチャートはまとめています。

オートメーション企業、ピルツは、ロボット安全のトータルな製品およびサービスによって、継続的な成長を目指しています: 2018年、ピルツは自社開発のロボットアームを含む、サービスロボティクス向けモジュールの提供を開始します。
オートメーション企業、ピルツは、ロボット安全のトータルな製品およびサービスによって、継続的な成長を目指しています: 2018年、ピルツは自社開発のロボットアームを含む、サービスロボティクス向けモジュールの提供を開始します。

オートメーション企業、ピルツは、ロボット安全のトータルな製品およびサービスによって、継続的な成長を目指しています: 2018年、ピルツは自社開発のロボットアームを含む、サービスロボティクス向けモジュールの提供を開始します。

ピルツはソフトウェアソリューションの開発に投資しています。アイルランドのコークでは、新しい社屋によって、ソフトウェアセンターを拡大しています。機械制御および視覚化用のソフトウェアソリューションが作成されています。

ピルツはソフトウェアソリューションの開発に投資しています。アイルランドのコークでは、新しい社屋によって、ソフトウェアセンターを拡大しています。機械制御および視覚化用のソフトウェアソリューションが作成されています。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

マーケティング・コミュニケーショングループ

電話: 045 471 2286
Eメール: mkt@pilz.co.jp