日本 | 日本語

オストフィルダン, 2017/10/06

ピルツはSPS IPC Drives 2017でAutomation: Safety for every dimension(全面的な安全)というテーマで世界初の製品を展示します。

ニュルンベルクのSPS IPC Drives 2017(会期: 11月28日~30日)でピルツは動的な安全ソリューションを使用することで、人と機械がより接近して作業を行い、生産性の向上やエルゴノミクスに配慮された作業空間を実現できる方法を紹介します。世界初の製品として、IP67保護等級の安全PLCコントローラ、PSS67 PLCと位置検出機能付き感圧安全マット、PSENmatも展示します。

PSS67 PLC: 制御盤外のオートメーション
制御技術の展示会SPS IPC Drivesで、ピルツは初のIP67保護等級の安全PLC、PSS67 PLCを展示します。機械的には、このコントローラはモジュールの電子部品が完全に密閉されているため非常に堅牢です。機械に直接取り付けられ、省スペースも実現します。そのため、従来の制御盤ベースのシステムと比べて配線作業が大幅に減り、モジュラ式の設備構造で高い柔軟性を発揮します。

位置検出機能付き感圧安全マットPSENmat
今年のSPS IPC Drivesでピルツは感圧安全マットPSENmatを発表します。内蔵の位置検出は新しい機械のオペレーティングコンセプトを実現する世界初の機能です。たとえば、定義済みの印が付けられたマットの領域によって、オペレータは内蔵のスイッチ機能を利用してハンズフリーで作業できます。PSENmatは安全エリア監視と設備や機械の操作を1つのセンサで実行します。感圧センサPSENmatは光条件、汚染、遮蔽などの厳しい環境条件に最適です。

2次元安全レーザスキャナPSENscan
安全レーザスキャナPSENscanは2次元のエリア監視を実現します。危険ゾーンだけでなく、その背後のスペースへのアクセスも保護します。そのため、危険ゾーン内に人がいる間、意図しない再起動を防止します。2台の安全レーザスキャナのみで無人搬送システム(AGV)がまんべんなく保護されます。2次元レーザスキャナが搬送システムの経路にある障害物を検出し、タイミングよくAGVがブレーキをかけられます。

3次元安全カメラシステムSafetyEYE: 新世代
3次元安全カメラシステムSafetyEyeで、アプリケーションへのアクセスに支障なく、人とロボットの作業空間を視覚的に監視します。カメラシステムはアプリケーションの上方に設置されるため、アプリケーションの全容を常に把握できます。展示会で、ピルツはライブビデオサーバ機能を搭載した最新世代のシステムを発表します。新機能により、警告および検出ゾーンは遠隔操作でも表示できます。

生産性向上、エルゴノミクス改善に貢献する動的な安全
ピルツブースでは、動的な安全ソリューションを用いた、安全柵のない人とロボットの協働をご覧いただけます。人とロボットの協働において、ロボット自体に組み込まれていない、ピルツの2次元および3次元センサで外部から人の位置を安全に検出できます。アプリケーションによって先述のさまざまな技術やそれらを組み合わせることによって、安全が確保されます。
「機械の安全性、生産性、人間工学を同時に実現するには、安全が選択的な動作だけ行うことはもはや不可能です。種類豊富なセンサにより、エリアもゾーンも監視可能になり、ピルツは新しい動的な安全コンセプトを提案します。そのため、人と機械が安全に作業空間を共有できるようになります」、レナーテ・ピルツ取締役会長は今回の展示の焦点について語ります。

Industrie 4.0を体感
柔軟でスマートな生産には、設備の自立型モジュールのインテリジェントなネットワークが必要です。ピルツのスマート工場を使用して、カスタマイズ製品を大量生産の条件で、高速、柔軟、かつ高いコストパフォーマンスで生産する方法を展示会で紹介します。構成部品は、センサやドライブからコントローラにいたるまですべてピルツ製です。オートメーションシステムPSS 4000がピルツのスマート工場で制御タスクを実行します。設備全体の制御機能を中央で1つのツールを使用してプログラミングするために使用できます。その後、これらは各種PLCコントローラに簡単に送信されます。時間を短縮し、エラーを防止します。

ピルツはホール9、ブース370に出展します。詳細情報: https://www.pilz.com/de-DE/sps-ipc-drives

SPS IPC Drives 2017で、ピルツは新製品だけでなく、実際に触れられるスマートファクトリーモデルを通して、Industrie 4.0を紹介します。
SPS IPC Drives 2017で、ピルツは新製品だけでなく、実際に触れられるスマートファクトリーモデルを通して、Industrie 4.0を紹介します。

SPS IPC Drives 2017で、ピルツは新製品だけでなく、実際に触れられるスマートファクトリーモデルを通して、Industrie 4.0を紹介します。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

マーケティング・コミュニケーションズ部

電話: 045 471 2286
Eメール: mkt@pilz.co.jp