日本 | 日本語

オストフィルダン, 2017/06/06

トップサプライヤにピルツ賞2016を授与 - トーマス・ピルツ: 価値観が取引先との円満な関係の基盤

シュツットガルト近郊のオストフィルダンに拠点を置くオートメーション企業ピルツは、貢献度トップ5のサプライヤにピルツ賞2016を授与しました。この賞は公式の授賞式でピルツの経営パートナーのトーマス・ピルツより手渡されました。ピルツ賞は、すぐれた品質、高い納期の信頼性、協力に基づくパートナーシップによりピルツのビジネスに貢献しているサプライヤを表彰するために設けられました。

「当社のビジネスでは、サプライヤとの建設的な協力こそが製品の品質を最初から保証する鍵になります。当社はパートナー企業に最適な物流サービスを提供していただき、高い柔軟性、信頼性、能力で貢献していただいています。」Pilz GmbH & Co. KG.の経営パートナー、トーマス・ピルツはコメントします。

品質レベル、納期の信頼性、協力の3つの基準で各サプライヤの評価が行われました。受賞した企業はすべて、当社に最適な物流サービスを提供し、高い柔軟性、絶対的な信頼性、そして非常に高い能力を顕著に現しました。

受賞したメーカは、コネクタメーカのept GmbH (Peiting)、pk components GmbH (Wendelstein) およびWürth Elektronik Stelvio Kontek S.p.A. (イタリア、Oggiono)、プラスチック部品サプライヤSTEWO Kunststoffverarbeitung GmbH & Co. KG (Helmbrechts-Haide)、そしてケーブルサプライヤTKD KABEL GmbH (Pliezhausen)です。

「ピルツ賞2016」の授賞式で、トーマス・ピルツは取引先との関係において価値観が重要であることを強調しました。「私生活で他の人とうまくやっていくには、共通のルールや行動規範が必要なように、会社内の協力も昔ながらの価値基盤に基づきます。」私たちが実践する価値には、お互いへの感謝、敬意を持ってお互いを扱うこと、さらに正直さ、オープンさ、忠実、信頼性、助け合い、勤勉が含まれます。

ピルツ賞2016はサプライヤの貢献を評価する賞です。2006年以降毎年、Pilz GmbH & Co. KGはトップ5のサプライヤにこの賞を授与してきました。
ピルツ賞2016はサプライヤの貢献を評価する賞です。2006年以降毎年、Pilz GmbH & Co. KGはトップ5のサプライヤにこの賞を授与してきました。 

ピルツ賞2016はサプライヤの貢献を評価する賞です。2006年以降毎年、Pilz GmbH & Co. KGはトップ5のサプライヤにこの賞を授与してきました。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

マーケティング・コミュニケーションズ部

電話: 045 471 2286
Eメール: mkt@pilz.co.jp