日本 | 日本語

オストフィルダン, 2017/03/07

ピルツはハノーバーメッセ2017でホール9、ブースD17に出展 – さらにインテリジェントなオートメーションを実現!

「We automate. Safely.」のテーマで出展。2017年4月24日~28日に開催されるハノーバーメッセにおいて、ピルツは、オートメーションソリューションを実現するための産業用ソリューション、新製品、サービスを紹介します。今年のブースの目玉展示は、人とロボットの協働 (HRC) のための革新的な新製品、センサ技術、およびインテリジェントファクトリーです。

制御および駆動技術に加え、対応する診断や視覚化システムおよび関連ソフトウェアも出展します。

安全なロボットアプリケーションのためのトータルソリューション
純粋なHRCでは人とロボットの間にガードは必要ありません。ピルツブースでは、動力と力の制限の原則に従って保護され、すべてピルツポートフォリオの製品を取り付けて実現したHRCのアプリケーション例を使用して、HRCを安全に実装する方法を実演します。ここでは安全HRCの新製品が2種類使用されます。力および圧力の革新的な測定システムであるPROBmsにより、ピルツは、HRCアプリケーションの妥当性確認のための完全なパッケージを提供します。このセットには、ISO/TS 15066準拠の衝突測定装置が含まれています。この力および圧力の測定システムは世界中でレンタルサービスをご利用いただけます。常に正確な測定をすることにより、HRCアプリケーションの生産性と信頼性を向上できます。
また新しい安全レーザスキャナPSENscanが、このようなロボット使用のアプリケーションをサポートします。こうしたアプリケーションでは、特に視認性の悪い危険区域においては、作業者が検出されずにその場に留まるという事態が発生しやすくなっています。ライトグリッドによる保護とは異なり、PSENscanは危険区域全体を常時監視します。そして、もしも危険区域に人がいる場合には、再始動は回避されます。これによりプラントの生産性が向上しエルゴノミクスが改善されるとともに、安全性も向上します。

Industrie 4.0の安全性
モジュラ式、分散型プラントや機械では、アプリケーションのネットワーク接続が必須です。スマートファクトリーのモデルでは、カスタマイズされた製品が、コスト効率よくユーザフレンドリでフレキシブルな方法で製造される様子を提示します。このモデルはネットワークでつながれた3つのモジュールで構成され、カスタマイズされた製品がインテリジェントな組み立てラインで製造されます。構成部品は、センサやドライブからコントローラにいたるまですべてピルツ製です。これに新製品が加わります。電気的な有効化が可能な非常停止ボタン、PITestop activeです。本製品は、機能が有効であるかどうかを照明で表示します。この製品はISO 13850に準拠し、必要に応じてプラントや機械のセクションごとの有効化/無効化を安全に切り替えることができます。結果として、スマートファクトリーに不可欠な柔軟な安全コンセプトを簡単に実装できます。PITestop activeは柔軟性の向上とモジュラ化の促進に効果があり、Industrie 4.0の精神にかなっています。
ハノーバーではまた、デジタルオートメーションのための新しいオープンソースの産業用PC、産業用PIも紹介します。この「切り替え可能」な産業用PCはRaspberry Piをベースとしており、スマートファクトリーの実現を目指す企業を支援します。ピルツの新しい産業用PCは、自由に利用できるソフトウェアのおかげで、幅広いアプリケーション分野での利用が可能です。
産業用PIは、IIoTゲートウェイとしてプラントや機械のすぐ近くでデータの収集、評価、処理を行います。そしてピルツの新しい産業用PCは、産業環境の「モノのインターネット」をクラウドサービスに接続します。こうした点で、Industrie 4.0を実現させる最適なソリューションとなります。

接続を視覚化するソリューション
以下に示すように、操作や監視の分野も拡張されました。ハノーバーメッセで、ピルツはウェブベースの視覚化ソリューションPASvisuの新バージョン1.4を発表する予定です。この製品には小型コントローラPNOZmultiやその他の制御システムに接続できるOPC UAインタフェースが装備されています。コントローラと視覚化ソフトウェアがリンクされることで、あらゆる情報がコントローラ経由で取得されます。これにより、エンジニアリングやランタイムからメンテナンスに至るまで、さまざまなメリットが得られます。手動で変数を入力したり割り付けたりする必要がないため、より迅速にオートメーションプロジェクトを実装できます。


ピルツはホール9、ブース17に出展します。詳細情報:www.pilz.com/de-DE/hannover-messe

「We automate. Safely.」のテーマで出展。2017年4月24日~28日に開催されるハノーバーメッセにおいて、ピルツは、トータルオートメーションソリューションを実現するための産業用ソリューション、新製品、サービスを紹介します。

「We automate. Safely.」のテーマで出展。2017年4月24日~28日に開催されるハノーバーメッセにおいて、ピルツは、トータルオートメーションソリューションを実現するための産業用ソリューション、新製品、サービスを紹介する予定です。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

マーケティング・コミュニケーションズ部

電話: 045 471 2286
Eメール: mkt@pilz.co.jp