日本 | 日本語

オストフィルダン,

新世代:リモートI/OシステムPSSuniversal 2 - 周辺まで対応する安全とオートメーション

ピルツは新世代のフィールドレベル装置、分散型I/OシステムPSSuniversal 2を発売します。PROFINET通信モジュールと複数のI/Oモジュールをご用意しています。PSSuniversal 2は1つのシステムで安全とオートメーションに対応する柔軟性、オープン性、精度を提供します。オートメーションと安全機能が統合され、技術的、機械的な改良が加えられたため、設計段階から時間とコストを節約できます。

容易な取り付けとサービス

新しい3部構成のシステム設計により、サービスやメンテナンスの工数を大幅に削減できます。精度の高い診断はリモートI/Oシステムで実行可能です。このためエラーの発生個所を特定し、迅速に修復できます。モジュールはホットスワップに対応します。そのため、ヘッドモジュールは再度コンフィグレーションしなくても交換できます。さらに、システムを完全に取り外さなくてもバックプレーンの交換が可能になりました。

新しいコンフィグレーションツールでシステムをすばやくビルド

ピルツの新しいコンフィグレーションツールPASconfigを使用すれば、ユーザはスクリーン上でドラッグ・アンド・ドロップするだけでシステム構造をすばやくビルドできます。構造が論理的で、ステップバイステップの取り付け手順の案内により、ユーザはモジュールを取り付けられます。このように直感的に操作できるため、エラーを防ぎ、時間を節約できます。よってシステムを素早く簡単に稼働させることが可能です。

安全とオートメーションに1つインフラで対応

PSSuniversal 2は安全と非安全(オートメーション)の制御信号の両方を処理します。安全とオートメーションは物理的には混在しますが、論理的には分離されているため、フィードバックなしで動作します。基本機能では、ヘッドモジュールはPROFINET/PROFIsafeと通信します。次の段階で、Ethernet IP / CIP Safety インタフェースを装備した通信モジュールとその他のI/Oモジュールがシステムに追加されます。

リモートI/OシステムPSSuniversal 2はお客様に合わせた制御周辺機器のソリューションです。ユーザは一般的な産業用通信プロトコルでリモートI/Oを上位の制御システムに接続できます。リモートシステムは設備が広範囲のエリアに分散する場合、メリットがあります。ユーザは自動車産業などの高度な要件に対応するモジュール構造で、効率的で拡張可能なシステムを手に入れることができます。

ピルツはSPS IPC Drives でホール9、スタンド370に出展しました。詳細情報:www.pilz.de/sps-ipc-drives.

新世代のPSSuniversal 2が発売され、ピルツは汎用リモートI/Oシステムと制御システムのサクセスストーリーを更新しています。
新世代のPSSuniversal 2が発売され、ピルツは汎用リモートI/Oシステムと制御システムのサクセスストーリーを更新しています。

新世代のPSSuniversal 2が発売され、ピルツは汎用リモートI/Oシステムと制御システムのサクセスストーリーを更新しています。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

マーケティング・コミュニケーションズ部

電話: 045 471 2286
Eメール: mkt@pilz.co.jp