日本 | 日本語

オストフィルダン,

安全とオートメーションに対応する小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2に接続オプションがさらに追加され、互換性、速度、柔軟性が向上

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2のベースユニットに対応する新しい製品が追加されました。最大12台の安全増設モジュールを右側に接続できます。14点の半導体出力を装備する一般アプリケーション用の新しい出力モジュールもご利用できます。そのためPNOZmulti 2で大型のプロジェクトを簡単かつ柔軟に実装できます。複数のプロジェクトも並行して管理可能です。

増設モジュールを使用して、アプリケーションにぴったりの制御構造を実現できます。ベースユニットPNOZ m B1には入出力モジュールが不要なため、アプリケーションに応じて入出力モジュールやモーション監視モジュールの数を選択し、精度の高い設計が可能になります。ユーザは実際に使用する機能のみ料金が発生するため、コストを節減できます。また、ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータはハードウェアを簡単にコンフィグレーションでき、パラメータ設定中オンラインヘルプを使用できます。このように、ユーザはコストと時間を節約できます。

オートメーション機能対応のモジュールも発売
オートメーションアプリケーション用の一般出力モジュールも発売されました。14点の半導体出力は信号ランプや音響信号などの機能を管理できます。さらに安全制御システムの信号を運転管理システムに送信するためにも使用できます。たとえば、非常停止ボタンや安全扉のステータスの信号などが対象になります。

状況を素早く把握
新しくModbus/TCPへの接続機能が搭載されました。ベースユニットPNOZ m B1経由で直接接続できます。ユーザはハードウェアのコストを節減し、高速な通信が可能になります。ベースユニットPNOZ m B1はユーザフレンドリな診断も提供します: 照光式ディスプレイにわかりやすい診断テキストが表示されます。これはピルツのPVIS診断ソリューションで有効化できます。お客様独自のテキストもそれぞれの言語で表示可能です。最適化された診断により、ダウンタイムが短縮され、設備の高い可用性が保証されます。

変更も容易に実行
ベースユニットPNOZ m B1は、ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータで最大1,054のロジック接続 (接続ライン) に対応可能です。このように、大規模なプロジェクトも安全にコンフィグレーションできます。複数のプロジェクトをUSBスティックに同時に保存し、プロジェクトマネージャが管理することができます。
ユーザはソフトウェアツールの移行補助機能で既存のプロジェクトの移行もできます。移行アシスタントはハードウェアを変更する際、PNOZmultiやPNOZmulti Miniから転送が必要な既存のプロジェクトをPNOZmulti 2に転送する際サポートを提供します。移行アシスタントに関するビデオは、PNOZmultiコンフィグレータをインストール後に"What’s new?" ウィンドウから表示できます。このように、すべてのプロジェクトの内容を素早く簡単にコンフィグレーションできるため、プロジェクトでユーザの時間とコストを節約できます。
ベースユニットPNOZ m B1用のPNOZmultiコンフィグレータのもう1つの新しい機能は、安全マット用のファンクションブロックです。すべての一般的な安全マットの安全な監視に使用できます。

あらゆるタイプの機械に対応する世界の標準安全装置
小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2はオープンな制御システムであるため、上位の運転システムや設備制御システムに依存せず、業界を超えて柔軟に使用できます。最大の安全性を実現: アプリケーションに応じてPL eおよびSIL CL 3まで対応します。PNOZmulti 2は世界で認証を取得し、機械のタイプ、設備のタイプ、国、産業を問わず使用できます。従って、小型安全コントロールシステムは、安全およびオートメーション機能に世界中で使用できます。これは海外への輸出を目指す機械メーカにとって有利です。

ピルツはSPS IPC Drivesでホール9、スタンド370に出展しました。

PNOZmulti 2に関する詳細情報はこちらからご覧ください。https://www.pilz.com/en-INT/eshop/00101002047106/PNOZmulti-2-controllers

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2の最大の増設:- 最大12台の安全増設モジュールと新しい一般出力モジュールがオートメーション用に利用できるようになりました。
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

マーケティング・コミュニケーションズ部

電話: 045 471 2286
Eメール: mkt@pilz.co.jp