地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

オストフィルダン, 2016/09/06

オストフィルダンのピルツで新しい研修年度開始 - 制限なしの教育

オストフィルダンのオートメーション企業ピルツでは新しい研修年度が9月5日にスタートしました。エスリンゲン応用科学大学(DHBW)の提供するデュアルシステムでは、6人の研修生と6人の学生が専門的なキャリアを開始します。研修の場を提供するだけでなく、ピルツは幅広いインターンシップを通して職業選択の支援も行っています。伝統ある当社は地域に深く根差し、「エスリンゲン大学応用科学友の会」の会員として、指導者としての役割を果たし、サポートを提供しています。

学業か職業訓練で迷っていますか?- 新卒のみなさんは、オートメーションに特化するピルツドイツなら選択肢が広がります。今まで職業訓練を必要とする典型的な職業の訓練は、「メカトロエンジニア」または「機器やシステムの電子工学エンジニア」向けコースで、3年半以上かかりました。ピルツは数年前からバーデンビュルテンブルク大学(DHBW) と連携し、技術学部の次のコースでデュアルコースを提供しています。「電子工学、オートメーション専攻」、「コンピューターサイエンス、情報技術専攻」、「応用コンピューターサイエンス」、さらに「工学技術管理」、この場合「生産およびロジスティクス」が中心分野となります。Stefanie Adamsはデュアルシステムの学生です。「ピルツの職業訓練は非常に構成がしっかりしています。私の訓練は3年分計画が立てられているので、予定が常にわかっています。ITやLotus Notesなどのコースにも参加していて、一部の学生とはかなり違った勉強をしています。」とコースについて説明します。

海外派遣 – 海外での実習を含む
海外での職場体験も研修生やDHBWの学生の固定プログラムに含まれています。さまざまなカリキュラム以外に、少なくともピルツの海外現地法人1ヵ所でプロジェクトに参加する機会があります。研修生はフランス、スイスの他、アイルランドや上海にある中国の現地法人に行くこともあります。プログラム終了後、研修生は現場で採用され、社内での昇進の可能性や機会が常に用意されています。生産、開発、カスタマーサポート、生産技術など、幅広い職種で採用を行っています。

幅広い分野のインターンシップを提供
ピルツは小学生から高校生向けのインターンシップも提供しています。電子オートメーション業界の第一印象については、「年次休暇」、「BORS」、「BOGY」(中高生向けの職業オリエンテーション)または「ガールズデイ」でご覧いただけます。しかし、インターンシップは学生がピルツで色々なことを試せるというだけでなく、電子工学の仕事に対する個人の素養を判断するのにも役立ちます。特に応募者が海外での研修を終了した後や、職場に復帰する際にはこれが当てはまります。
社内でのインターンシップもありますが、ピルツは教育現場でも積極的な活動を行っています。ピルツは教育パートナーシップを通して地域の学校を支援しています。たとえば、オストフィルダンのハインリッヒハイネ小学校で、物理、自然科学、技術クラスなどでロボティクスに関連する内容の専門知識や指導教材の支援を行っています。この協力の他、ピルツは学生向けの情報発信イベントや採用面接の訓練も提供しています。「ピルツは学生が就職進路を決定する際、実用的な関連性のある教育を提供したいと考えています。」とピルツの職業訓練責任者クラウス・シュナイダーがこの協力の目的を説明します。

次世代をターゲットとするサポート
地域の学校との関わりに加え、ピルツはエスリンゲン応用科学大学も支援しています。"エスリンゲン応用科学大学友の会」の会員として、ピルツは現役の学生や新卒生に、インターンシップ、職場配置や学位の論文などさまざまな入社の機会を提供しています。これらのプログラムへの参加者はピルツにとって貴重な将来の採用候補者となります。

新しい研修生とデュアルシステムの学生がピルツで初日に撮影。
新しい研修生とデュアルシステムの学生がピルツで初日に撮影: 後列(左から右): Denis Omerovic, Tim Liebrich, Gerrit Arndt Christ, Maximilian Hausch, Benjamin Disch, Philipp Wendel。前列(左から右): Michael Rutz, Benjamin Schweizer, Tim Weiß, Jonas Hemmo, Patrick Brand。欠席: Felix Preuschoff。

新しい研修生とデュアルシステムの学生がピルツで初日に撮影: 後列(左から右): Denis Omerovic, Tim Liebrich, Gerrit Arndt Christ, Maximilian Hausch, Benjamin Disch, Philipp Wendel。前列(左から右): Michael Rutz, Benjamin Schweizer, Tim Weiß, Jonas Hemmo, Patrick Brand。欠席: Felix Preuschoff。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

プレスセンター

電話: +49 711 3409-158
Eメール: presse@pilz.de