地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

オストフィルダン, 2016/08/03

ピルツ、WindEnergy Hamburg(2016年9月27日~30 日)に出展、ホールB6、ブースB6.342 – 風力タービンのシンプルな安全オートメーション

WindEnergy Hamburgにおいて、ピルツは風力タービンの安全機能やオペレーティングモードの監視に使用できるオートメーションソリューションを展示します。ピルツブースの主な見どころは、風力タービンが規格に準拠して効率よく動作する安全速度監視の展示です。オートメーションシステムPSS 4000の安全速度監視用I/Oモジュールなどの新製品が展示されます。また、ハンブルクでピルツはCEマーキングをサポートする各種サービスの情報も提供します。

規格に準拠する速度監視
ピルツは世界中の風力タービンで実績のある種類豊富な製品を提供しています。設備の状態を常時監視・制御し、安全関連の仕様を満たすためにそれらの製品が使用されます。速度監視モジュールPNOZs30、小型安全コントローラPNOZmulit、オートメーションシステムPSS 4000で、停止、(超過)速度、位置、シャフトの破損、速度範囲、回転方向などをEN ISO 13849-1のパフォーマンスレベル(PL) eまで準拠して監視します。

アナログ値の安全な処理
風力タービンの安全に関連するすべての機能は、ピルツのオートメーションシステムPSS 4000を使用して監視・制御できます。アナログ値の安全な処理により、PSS 4000は速度を調節できるだけでなく、突風が発生した際の加速の値なども算出できるため、それに応じて設備を制御します。オートメーションシステムPSS 4000に安全速度監視用I/Oモジュールが新製品として加わりました。1台のロータリーエンコーダのみで、モジュールは安全速度、動作方向および停止機能をPL eまで準拠して監視します。作業者は風力タービンの高い生産性、ダウンタイム短縮、容易なメンテナンスおよび修理などの恩恵を受けられます。

CEマーキングのためのサポート
展示会において、ピルツは、コンサルティングから国際規格や業界規格、リスクアセスメント、安全機能の妥当性確認、CEマーキングのためのプロフェッショナルなサポートまで、風力タービン向けの包括的なサービスの情報を展示します。また、カスタマイズサービスを使用して既存のリスクを最小化する方法を紹介します。エラーや干渉の原因を早期に特定し、悪影響の大きいダウンタイムを削減しながら、設備の耐用年数も延長するように、要求される安全規則を順守することも可能です。

ピルツはWindEnergy Hamburg 2016でホールB6、ブースB6.342に出展します。

詳細情報:https://www.pilz.com/de-DE/windenergy

WindEnergy Hamburg 2016:ピルツは、風力エネルギーですでに実績のある信頼できるコンポーネントおよびソリューションを提供しています。当社の安全システム、リモート診断オプション、リモートメンテナンス、堅牢な製品タイプなどを簡単に組み込むことが可能です。
WindEnergy Hamburg 2016: Pilz offers reliable components and solutions that are already proven in wind energy.

WindEnergy Hamburg 2016: Pilz offers reliable components and solutions that are already proven in wind energy.

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

プレスセンター

電話: +49 711 3409-158
Eメール: presse@pilz.de