地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

オストフィルダン, 2016/04/06

2015年度ピルツ収益、従業員数、輸出シェア伸ばす - 勢いのある堅調な成長”

シュツットガルト近郊に本社のあるPilz GmbH & Co. KGと系列会社は2015年度も素晴らしい営業成績を上げました。収益は11%増加し、2億8800万ユーロとなりました。昨年は従業員数も6%増加し、過去最高の2,030人に達しました。ピルツの2015年のR&D比率は19.8%であり、この数字はオートメーション技術の分野で最も革新的な企業の1つであることをあらためて示しています。

「当社は2015年度、野心的な目標を立てましたが、達成できたことに満足しています。ピルツは世界のどの地域においても成長を続けている健全な企業です、」Pilz GmbH & Co. KGのレナーテ・ピルツ会長はコメントします。「2016年度もまた野心的な目標を設定しましたので、本年度良いスタートを切ることができて嬉しく思います、」と付け加えます。

ピルツは雇用増加を目指します
2015年にピルツの全従業員数は初めて2000人を超えました。2015年12月31日時点のピルツの社員数は全世界で2030名でした。オートメーションスペシャリストであるピルツは、2015年末時点で35名の実習生を含む972名の従業員を雇用しました。ピルツは2016年にさらなる雇用増加を目指します。ピルツは、本年度、バーデンウェルテンベルク州共同州立大学の学生を対象に、工業系の職に就くための実習生12名を受け入れる計画です。

世界のお客様主導の活動
成功の主な要因はオートメーションソリューションメーカ、ピルツの国際的な展望の明るさにあります。2015年度、ピルツは初めて海外で70%以上の収益を達成しました。輸出の割合は1.4%上昇し、70.9%となりました。このため、ピルツは国際的な機械工学企業や世界で製造を行う企業のパートナーにふさわしい存在です。「当社はお客様に寄り添います!ピルツは子会社を通して、製品だけでなく幅広い専門知識によって、お客様をサポートすることができます。お客様からこのようなサービスに満足していただいています、」レナーテ・ピルツ会長は説明します。

ピルツは2015年度、欧州で約74%、アジアで約15%、アメリカでほぼ10%の収益を上げました。成長が最も顕著に見られたのはアジアで、特に韓国、日本、中国の3カ国でした。アジア地域にさらに多くの現地法人を開設し、2016年に東南アジアの既存のビジネス上のつながりを軸として、今後現地のお客様に直接部品、システム、サービスをフルに提供できるようになります。このため、販売代理店の数は40に達しています。
 
製品ポートフォリオにより長期間成功が継続
ピルツのポートフォリオはセンサから、コントローラ、ドライブ、さらに機械・システムの全ライフサイクルに対応するサービスまで多岐に渡ります。ピルツは安全を中核とし、あらゆるソリューションを提供するオートメーション企業です。ピルツは世界初の安全リレーPNOZを1987年に市場に投入し、この製品セグメントで今でも市場をリードしています。安全を世界に広めるピルツは、2015年に初めてこれらの製品を100万個以上販売しました。これらの機器は、機械の安全を監視し、危険な事態が発生すると機械を安全に停止します。

制御およびドライブ技術の製品群が2015年に絶対的な収益源(65%)となりましたが、センサ (14 %) およびサービス(12 %)もすでに2ケタの収益を上げています。「当社の製品ポートフォリオは市場で確立し、お客様からも支持を得ている定番商品と、技術の進歩を反映する非常に有望な新製品を程よく取り揃えています、」レナーテ・ピルツ会長は説明します。

ピルツは独立した技術革新主導の中規模企業として、長い間定期的に収益の5分の1を研究開発に投資してきました。2015年のR&D比率は19.8%です。

Industrie 4.0: 安全を司る新しい規則
ピルツは統合されたインテリジェントな生産のためのオートメーションソリューションの開発に尽力しています。SmartFactory KLやArena 2036の共同研究機関に参画し、ピルツは継続的に規格を制定していくことを目指しています。ピルツは安全とセキュリティに特に注力しています。

製品の中で特にオートメーションシステムPSS 4000は、産業がこの先何年も先に満たす必要の出てくる要件を今から満たしています。ピルツはIndustrie 4.0に対応する生産ラインをハノーバーメッセの来場者に紹介します。ピルツのセンサ、制御システム、ドライブによって完全に自動化されたモジュラ設計のモデル設備を用いて、分散型インテリジェンスに基づく制御タスクの効率的でユーザフレンドリーなソリューションを具現化します。

ピルツはハノーバーメッセでホール9、スタンドD17に出展し、ホール8、スタンドD20のSmartFactory KL共同ブースの出展にも参加します。
 

同族会社ピルツは2015年度、過去最高の2億8800万ユーロの収益を上げました。ピルツはデジタル工場向けのオートメーションソリューションを開発しています。これらのソリューションはオストフィルダンの自社の統合生産ラインでも使用されています。
同族会社ピルツは2015年度、過去最高の2億8800万ユーロの収益を上げました。ピルツはデジタル向上向けのオートメーションソリューションを開発しています。これらの製品はオストフィルダンの自社の統合生産ラインでも使用されています。

同族会社ピルツは2015年度、過去最高の2億8800万ユーロの収益を上げました。ピルツはデジタル向上向けのオートメーションソリューションを開発しています。これらの製品はオストフィルダンの自社の統合生産ラインでも使用されています。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

プレスセンター

電話: +49 711 3409-158
Eメール: presse@pilz.de