地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

オストフィルダン, 2016/03/18

ピルツは新しい安全扉システムPSENmlockを紹介します - 信頼性の高いドアガード

ピルツの安全扉システムのシリーズにPSENmlockが追加されました。PSENmlockは人と工程を1つの装置で最高カテゴリPL eまで保護する安全扉監視と安全ガードロックを提供します。スリムながら堅牢な設計で多数の取り付けオプションも提供するPSENmlockは、柔軟に使用でき、取り付けも簡単です。

PSENmlockは各種サイズのドア、重いドアおよび扉に対応する信頼性の高いドアガードです。スイング扉、引き戸、カバー、フラップにも対応します。これらのアプリケーションに加え、柔軟に取り付け可能なアクチュエータにより高い許容誤差を実現し、建てつけの悪い扉でも制限なく機能を発揮します。双安定磁石により、無電流ガードロックシステムは安全扉システムの消費エネルギーを削減します。診断データは多数の取り付け位置で容易に識別可能です:ハウジングの3面にLEDを装備しているため、取り付けの状態にかかわらず診断表示が見やすくなっています。

圧倒的な堅牢性
保持力7500 Nおよびラッチ力30 Nの機能が搭載された安全扉システムPSENmlockは、不用意にガードが開くことを防止します。このためPSENmlockはPL dまたはPL eまでのガードロックが必須の危険なオーバーランを伴う機械(回転刃、フライホイール、ロボットなど)に最適です。さらに、内蔵の再起動インターロックにより別途アクセサリを取り付けることなく、ガードロックシステムの不用意な起動を防ぎます。再起動インターロックは機械操作の安全性を高めるだけでなく、メンテナンス作業中の不用意な再起動も防止します。

安全第一!
オーバーランを伴う機械では、安全装置が不用意に開いたり、開くタイミングが早すぎたりした場合、作業者の安全上のリスクが最も高くなります。従って、スイッチを無効化する際、危険な状況を回避することが特に重要です。2チャンネルのPSENmlockガードロックによる制御は扉を開く際のリスクを確実に除去します。短絡などの故障が発生した場合も安全に検出し、いかなる場合も意図せずに扉が開くことを防止します。

ピルツはハノーバーメッセでホール9のスタンドD17に出展し、ホール8のD20のSmartFactory KLブースにも共同出展します。

詳細情報:www.pilz.com/en-DE/hannover-messeまたはWebcode web9481をご覧ください。

ピルツの堅牢な安全扉システムPSENmlockは1つの装置にガードロックと人およびプロセスの保護を集約し、特に危険なオーバーランを伴う機械に最適です。
ピルツの堅牢な安全扉システムPSENmlockは1つの装置にガードロックと人およびプロセスの保護を集約し、特に危険なオーバーランを伴う機械に最適です。

ピルツの堅牢な安全扉システムPSENmlockは1つの装置にガードロックと人およびプロセスの保護を集約し、特に危険なオーバーランを伴う機械に最適です。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

プレスセンター

電話: +49 711 3409-158
Eメール: presse@pilz.de