地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

オストフィルダン, 2016/03/11

新しい診断ソリューション:ピルツの「安全装置診断」 - 信頼できる診断!

ハノーバーメッセ2016でピルツが発表する新製品には新しい診断ソリューション「安全装置診断」が含まれ、これはフィールドバスモジュール、ジャンクション、安全センサPSENから構成されます。新しい診断ソリューションは、遠隔地でも、幅広いセンサデータを簡単に呼び出すことができます。サービスの実施を大幅に減らすことが可能なため、生産性が著しく上がります。

「安全装置診断」は診断情報として、部分動作、スパイク電圧、電圧降下、温度による影響、スイッチサイクル、バウンスおよびRFIDのIDなどのデータを提供します。それぞれのセンサの提供するすべての追加診断データで予防保全が実施しやすくなり、その結果ダウンタイムが減ります。

ご希望の方法と場所で情報を提供
ウェブサーバ経由の容易なリモートメンテナンスだけではありません。フィールドバスモジュールに内蔵されたディスプレーは機械のモニタだけでなく直接制御盤内でも情報を表示可能です。フィールドバスモジュールは接続されたすべての安全装置用のプラントバスに単一のインタフェースを提供し、取り付け作業を軽減します。サードパーティ装置も統合されたI/Oを介して直接接続できます。

モジュラ式センサ診断により他の機器から独立
「安全装置診断」はまた簡単に拡張でき、モジュラ式機械構造をサポートします。「安全装置診断」によって同じセンサを従来の配線用にも安全装置診断用にも使用できます。
さらに、既存のアプリケーションにかかわらず、安全装置診断をそれぞれの個別のアプリケーションで再利用するかどうか決めることが可能です。ピルツのRFID式安全近接スイッチPSENcodeスリムなど、従来の接点信号が安全装置診断フィールドバスモジュールによってこの目的のため有効化されるため、安全関連の構造が常に維持されます。

直列接続で時短、ネットワーク接続により高性能
「安全装置診断」は現場で直列接続に対応し、素早く簡単に取り付け可能です。「安全装置診断」とピルツのPNOZ安全リレー(PNOZx、PNOZsigmaなど)を組み合わせることにより、経済的なトータルソリューションを実現できます。

製品の詳細情報を以下でご覧ください:
https://www.pilz.com/de-DE/eshop/00103002387129/Safety-Device-Diagnostics

ピルツはハノーバーメッセでホール9、スタンドD17に出展し、ホール8、スタンドD20のSmartFactory KL共同ブースにも共同出展します。

詳細情報: www.pilz.com/de-DE/hannover-messe 或いはWebコードweb9481。

ハノーバーメッセ2016でピルツが発表する新製品には新しい診断ソリューション「安全装置診断」が含まれ、これはフィールドバスモジュール、ジャンクション、安全センサPSENから構成されます。
ハノーバーメッセ2016でピルツが発表する新製品には新しい診断ソリューション「安全装置診断」が含まれ、これはフィールドバスモジュール、ジャンクション、安全センサPSENから構成されます。

ハノーバーメッセ2016でピルツが発表する新製品には新しい診断ソリューション「安全装置診断」が含まれ、これはフィールドバスモジュール、ジャンクション、安全センサPSENから構成されます。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

プレスセンター

電話: +49 711 3409-158
Eメール: presse@pilz.de