地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

オストフィルダン, 2016/02/23

ピルツはハノーバーメッセ2016でホール9、スタンドD17に出展 – Your way of Automation!

2016年4月25日から29日まで開催される今年のハノーバーメッセにピルツは"We automate. Safely."というテーマで出展し、産業用ソリューションおよび安全・オートメーションサービスを紹介します。ピルツは世界初の技術も含むセンサの新製品やオペレーティングおよびモニタリングの製品も展示します。

安全な人とロボットの協調作業(HRC)がもう1つのテーマです。来場者は会場で当社の「ロボット社員」の動きを生でご覧いただけます。ピルツはSmart Factoryのオートメーションソリューションの実装がいかにユーザフレンドリーであるか、エンジニアリングから視覚化までデモを交えて説明します。

ハノーバーメッセで初公開: ハイクラスな製品!
ピルツブースで世界初公開の製品が展示されます。新しいライトカーテンPSENopt IIはIEC/EN 61496のカテゴリPL dに準拠するアプリケーション用の初のタイプ3ライトカーテンです。規格が2015年5月に変更されてから、PL dを達成したい場合、ユーザはタイプ4に変更する必用がありました。タイプ4への対応が不要の場合でも、これによってコストが上昇してしまいます。PSENopt IIユニットは規格の要件に沿って作られた製品であるため、ライトカーテンの経済的なソリューションを提供します。
ピルツは新しい安全扉システムPSENmlockでさらなるセンサの革新技術を紹介します。最大カテゴリPL eまで対応する人とプロセス保護のための安全ガードロック付き安全扉監視をすべて1つのデバイスで提供します。

視覚化装置による信頼できる監視
ピルツの革新的なセンサ技術にはフィールドバスモジュール、ジャンクション、安全センサPSENから成る新しい安全装置診断が含まれています。センサ診断により、離れた場所でもデータを簡単に呼び出すことが可能なため、サービスオペレーションやダウンタイムを削減します。
センサで全体を見渡すことによって可用性を向上できるだけでなく、ピルツは制御、診断、視覚化の新しいトータルソリューションのサポートも提供できます。ハノーバーでは、トータルオートメーションのスペシャリストがソフトPLCを装備するPMI製品シリーズ(ピルツHMI)の新しいオペレータターミナルPMI 6 Controlを紹介します。

ピルツブースのロボット社員
トータルサプライヤであるピルツは、3次元安全カメラシステムSafetyEYEなど、安全なロボットアプリケーションを実現するサービスおよびソリューションを提供しています。
ハノーバーでは当社のロボット社員が動作を妨げる柵のない環境でワークピースを来場者に手渡します。ピルツブースのデモで、すでに今日、人とロボットの協調作業をいかに安全に行えるかお見せします。
ロボットのプレゼンテーションの中心はこのセクタの総合的なサービスポートフォリオであり、それはロボットシステムの個別のライフフェーズに合わせて作られ、工程分析やCEマーキングに対応するリスクアセスメントのサポートを提供しています。

単に"スマート"
ロボティクスの他、 "Industrie 4.0"がピルツブースのもう1つの中心的なテーマです。ピルツはデモンストレータを使用して、モジュラ化されたプラントの制御タスクを分散知能を活用して効率的でユーザフレンドりーにする方法を紹介します。ここで重要なのは Industrie 4.0に対応するオートメーションシステムPSS 4000です。
研究プラットフォームSmartFactory KLの会員でもあるピルツは、Industrie 4.0の統一された規格の策定に積極的に関わっています。ハノーバーでピルツはホール 8のSmartFactory KLの共同ブースにも出展します。他のパートナーと共同で開発した生産ラインを展示し、Industrie 4.0のいくつかの重要な面について実際に応用する方法を説明します。
 
"ビッグパートナー" – 米国はピルツにとって重要な市場
ピルツは米国に20年以上前から子会社を置いています。「今年のハノーバーメッセの公式パートナー、米国はドイツの機械エンジニアリングの輸出市場としてナンバー1であり、ピルツにとっても重要な市場です。」とピルツUSAのゼネラルマネージャー、マイク・ビアマンは述べます。ソリューションだけでなく、包括的なサービスポートフォリオも提供しています。「規格はオペレータやユーザが安全な労働環境を実現するための枠組みを提供するため、規格応用の知識は重要です。ピルツUSAはそのサポートを提供できます。」とビアマンは説明します。

ピルツはハノーバーメッセでホール9、スタンドD17に出展し、ホール8、スタンドD20のSmartFactory KL共同ブースの出展にも参加します。

詳細情報: www.pilz.com/de-DE/hannover-messe 或いはウェブコードweb9481。


 

2016年4月25日から29日まで開催される今年のハノーバーメッセにピルツは"We automate. Safely."というテーマで出展し、産業用ソリューションおよび安全・オートメーションサービスを紹介します。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

プレスセンター

電話: +49 711 3409-158
Eメール: presse@pilz.de