地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

オストフィルダン, 2015/09/24

SPS IPC Drivesでのピルツ (ホール9、ブース370) – ワンストップで安全とオートメーションを提供

ニュルンベルクで開催される今年のSPS IPC Drivesの展示会 (2015年11月24〜26日) で、ピルツはオートメーションタスク用の幅広いトータルソリューションを展示します。センサ技術から制御およびドライブ技術まで、ワンストップで安全とオートメーションを提供します!さらに、ホール3aの共同ブースでは、ピルツは研究プラットフォームSmartFactory KLのその他のパートナーと共に、Industrie 4.0のオートメーションコンセプトを展示します。

ニュルンベルクで紹介する革新的な製品の1つに、小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2の新しいベースユニットB1があります。機能範囲が広い機械でより高いパフォーマンスを発揮し、イーサネットポートポートが2つ組み込まれています。対応する増設モジュールを使用して、すべての一般的なフィールドバスシステムに接続することで、確実にダウンタイムを短縮してプラントでのアベイラビリティを向上させます。

安全とオートメーションをリンクするソフトウェア

PNOZmultiコンフィグレータのバージョン10.0.0もニュルンベルクで紹介されます。これは、PNOZmulti MiniおよびPNOZmulti 2を含むすべてのPNOZmulti制御システムで、スムーズなオペレーションを実現するために使用できます。例えば、この新規バージョンは特別なモジュールプログラムのコンフィグレーションをサポートします。モーション監視モジュールでは、モジュールプログラムが複数の監視エリアの速度またはスピードなどのコンフィグレーションを可能とします。その後、増設モジュール上でローカルで実行できます。これにより、ユーザのアプリケーションに対する柔軟性が向上します。

「ソフトウェアは、現代のオートメーションコンセプトで中心的な役割を果たします。その役割は、ますます複雑化する機械設備の設定とオペレーションをできる限りシンプルに維持することです。また、ソフトウェアは安全とオートメーション間の重要なリンクとなります。この両者に単一のツールを提供することが当社の大きな目標です」とPilz GmbH Co. KGの取締役会長、Renate Pilzは述べます。

ピルツは、SPS IPC Drivesのブースで多用途なソフトウェアツールのプレゼンテーションをライブで行います。注目すべきツールの1つは、ウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuです。これは視覚化のみならず、プラントと機械のステータスのアクティブな制御と操作に使用できます。このために、PASvisuは制御と視覚化の密接な適合性に依存します。このプラットフォーム非依存型視覚化ソフトウェアは、ピルツの制御ソリューションを使用してオートメーションプロジェクトのすべてのデータセットにアクセスできます。ユーザインタフェースは、「ドラッグアンドドロップ」で個別にコンフィグレーションでき、機械に独自の外観を設定できます。

安全とコスト効率を向上させるサービス

ピルツはトータルサプライヤとして、機械のライフサイクル全体を通じてアドバイスとサポートを提供します。ニュルンベルクのピルツのブースに訪問いただければ、リスクアセスメント、安全コンセプト、安全検証、CEマーキングなどに関するカスタマイズされたサービスに関する情報を得ることができます。CMSE®資格 (Certified Machinery Safety Expert) を含む幅広いトレーニングコースがピルツのサービスポートフォリオを補完します。

SmartFactory KLの共同ブースにピルツ出展

研究プラットフォームSmartFactory KLのメンバーとして、ピルツはIndustrie 4.0の統一された規格の草案に積極的に関与しており、ホール3aの「Automation meets IT」共同ブースにも参加しています。ブースでは、SmartFactory KLのパートナー企業および団体と共同で開発した生産ラインを展示します。ここでは、Industrie 4.0の重要な面を適用した実用的なアプリケーションを紹介します。デモ設備には、ワークピースキャリアのインテリジェントな自動ストレージとして動作するピルツのストレージモジュールも設置されます。

ピルツはホール9、ブース370に出展します。ピルツのブースの詳細情報は次のサイトで確認いただけます: https://www.pilz.com/en-INT/sps-ipc-drives

現地法人の連絡先:

オーストラリア:
Don Gherashe
Telephone:+61 3 95446300
 E-Mail: safety@pilz.com.au

英国:
Natasha Sephton-Pike
Telephone:+44 1536 460766
 E-Mail: marketing@pilz.co.uk

インド:
Shivani Handoo
Telephone:+91 20 24213994/95
 E-Mail: s.handoo@pilz.in

アイルランド:
Yvonne McNamara
Telephone:+353 21 4346535
 E-Mail: y.mcnamara@pilz.ie

米国およびカナダ:
Felicia Caponi
Telephone:+1 734 354-0211
E-Mail: f.caponi@pilzusa.com


ピルツグループの連絡先:

Martin Kurth
Corporate and Technical Press
Germany
Telephone: +49 711 3409-158
E-Mail: m.kurth@pilz.de

Sabine Karrer
Technical Press
Germany
Telephone: +49 711 3409-7009
E-Mail: s.skaletz-karrer@pilz.de

ピルツは、メーカやオペレータに安全とオートメーションのトータルソリューションを提供します。ニュルンベルクで開催されるSPS IPC Drives 2015で、ピルツはセンサ、制御およびドライブ技術を備え、オペレータシステムと視覚化システムで完備された拡張可能なソリューションを展示します。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

プレスセンター

電話: +49 711 3409-158
Eメール: presse@pilz.de