地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

オストフィルダン, 2015/10/01

本社の社屋をピルツキャンパスに拡張 – Renate Pilz社長: 「価値が将来を築く」ピーターピルツ生産・ロジスティクスセンタ開設

オートメーション企業であるピルツは、オストフィルダンの本社にピーターピルツ生産・ロジスティクスセンタを開設しました。総面積約13,500 m2のこの新しいビルは、単一の投資額としてピルツ史上最大の2,000万ユーロを投じて建設されました。その結果、ピルツは生産施設の面積を50%拡張するだけでなく、本社の社屋をピルツキャンパスに拡張しています。

ピーターピルツ生産・ロジスティクスセンタは16か月で建設されました。6,900 m2の生産施設、約4,000 m2のオフィススペース、2,600 m2の付帯設備を含むビルに390名の従業員が移転します。生産やロジスティクスに加え、生産技術、IT、品質管理、購買など、生産に関連するすべての部署がこのビル内に移転されます。

「本社施設にこのように投資し、成長を続けられることを嬉しく思います。これが可能なのは、第一にこの地に当社のビジネスが根付いているからです。また、本社の社屋をピルツキャンパスに拡張することで、すべての部署が緊密に効率よく業務を行い、お客様に利益をもたらしているからです。このような協力が私共の事業の成功に重要なのです」とRenate Pilz社長は、約200人のゲストを招待した公式のオープニングで説明しました。

「このキャンパスは、未来は価値観によって形成されることを表しています」とRenate Pilz社長は強調します。「ピルツでは信用、信頼性、革新する勇気が成功に不可欠な要因です」この公式のオープニングに先駆けて、2015年9月26日にこのビルの落成を祝う従業員によるパーティが開かれました。

新しい生産施設では、安全およびオートメーション用のピルツのリレー、制御システム、センサ、ドライブが製造されます。これらの用途は、プレス、工作機械、産業用ロボットなどの工場の作業場だけではなく、ビルオートメーション、またはリオデジャネイロのポン・ヂ・アスーカルを走行するケーブルカーや、ウィーンのプラーター公園などの遊園地の乗り物の制御システムのレール技術に活用されます。

適応性のある工場
この新しいビルでは、ピルツはエルゴノミクスを配慮した従業員の労働環境とフレキシブルな生産レイアウトに大きな重点を置いています。生産技術部署と生産担当従業員が参加する学際的なワークショップは、設計段階も含めた生産労働環境の最適化に役立ち、効率的でエルゴノミクスを配慮した生産プロセスを生み出しています。オフィスは、空調された部屋、吸音材を使用した独創的な音響コンセプト、透明な間仕切り、床下暖房により、快適な職場の雰囲気を作り出しています。

ピルツキャンパスのその他の建物と同様に、エコロジーも注目を集める点です。地表近くの 地熱エネルギー、高効率の建物断熱、熱回収により、高いエネルギー効率と低い二酸化炭素排出量を実現しています。

建築上オープンプランのホールは、ほとんど支柱がなく、生産プロセスを最適な柔軟性を持って構成できます。個別の生産ユニットはU字形に配置され、物品と情報の迅速な流れを確保しています。

Industrie 4.0:ピルツの接続性の支援
この情報の流れは、ピルツの第4次産業革命「Industrie 4.0」の特徴です。ピルツにおける生産は、上流および下流のプロセスと手順を統合しています。従来の生産オペレーションでも、インテリジェントRFIDサポート型のワークピース接続装置など、ITベースの生産プロセスを既に備えていました。これらのプロセスが採用され、現在、段階的に補完されています。オストフィルダンでは、ピルツは特に機械データを照合および処理することで、生産プロセス制御を最適化しています。これにより、中断やダウンタイムが回避されます。将来的に作業資料はピルツのクラウドに保管され、常に最新の状態に維持され、モバイル装置でも利用可能となります。ITと生産の統合を実現するその他の対策は、「ピルツシンクタンク4.0」で具体化されています。これにより、ピルツで第4次産業革命を実施するためのリソースが、ITおよび生産技術の専門家に利用可能となります。
 

お問い合せ

Martin Kurth
Corporate and Technical Press
Germany
Telephone: +49 711 3409-158
e-mail: m.kurth@pilz.de

Sabine Karrer
Technical Press
Germany
Telephone: +49 711 3409-7009
E-Mail: s.skaletz-karrer@pilz.de


Stephan Marban
Press Relations
Austria
Telephone: +43 1 7986263-13
E-Mail: s.marban@pilz.at


Manuela Bernasconi
Press Relations
Switzerland
Telephone: +41 62 88979-33
E-Mail: m.bernasconi@pilz.ch
 

新しいピーターピルツ生産・ロジスティクスセンタの建設で、ピルツはオストフィルダンの本社の社屋をピルツキャンパスに拡張しています。ピルツはIndustrie 4.0に貢献するものとして、インテリジェントな生産を導入しています。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

プレスセンター

電話: +49 711 3409-158
Eメール: presse@pilz.de