日本 | 日本語

2018/01/26

セーフオートメーション4.0

多様な仕様を少量で。それが未来のオートメーションでは可能になります。多様な仕様に対応するには、オートメーションシステムPSS 4000などの柔軟なソリューションが必要になります。

オートメーションシステムPSS 4000は安全でユニークなオートメーションシステムです。未来のオートメーション要件に対応するために開発されたこのシステムは、モジュラ式の柔軟な使用に適しています。

オートメーションシステムPSS 4000を使用すると、マルチマスタ方式に準じてネットワーク化しつつ、各コントローラを自律的に実行させることができます。各コントローラおよびI/Oコンポーネントは、集中型制御インスタンス経由で迂回することなく、自動的にプロセスデータをプロジェクトの他のすべてのコントローラに提供します。

プログラムはハードウェアから独立し、機能をさまざまなコントローラで実行するか、1つのコントローラのみで実行するかどうかを後で決めることができます。複数のコントローラ間で個別に通信接続するための複雑なプログラミングは不要です。このため、時間が短縮され、プログラミング時のエラーを防ぎます。

視覚化ソフトウェアPASvisuはエンジニアリングプロセスをさらにシンプルにします。オートメーションプロジェクトからのすべてのデータは直接視覚化装置で使用できます。重複する入力やそれに伴うエラー原因は除外されます。

Industrie 4.0の基準に従ったモジュラ式の柔軟な設備向けの最適なソリューションです。

 

詳細情報:

オートメーションシステムPSS 4000の分散処理能力
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp