日本 | 日本語

2018/04/18

SecurityBridgeがあれば、不正操作の心配はありません。

人、機械、産業工程がインテリジェンスを持ちネットワーク化されれば、脆弱性も増します。お客様は制御システムをどのように不正操作から保護していますか。SecurityBridgeなら完璧なソリューションを提供できます。

SecurityBridgeは小型安全コントロールシステムPNOZmulti およびオートメーションシステムPSS 4000への脅威の検出に特化された製品です。お客様の制御システムをスパイ行為や不正操作から守りましょう。SecurityBridgeを使用すれば従業員の安全と機械の可用性が保証されます。


既存のネットワーク構造に組み込みやすい

PCと機器の安全な接続方法とは?PNOZmulti ベースユニットまたはオートメーションシステムPSS 4000のPLC制御システムPSSuniversal PLCのSecurityBridgeアップストリームを接続するだけです。そうすれば、必要な権限のあるユーザのみがプロジェクトにアクセスできるようになります。そのため、保護されたネットワークへの不正アクセスを防止できます。従って、クライアントPCとSecurityBridge間のデータ通信が傍受および不正操作から守られます。


詳細情報:

SecurityBridgeは制御システムを保護
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp