日本 | 日本語

2017/04/20

ハノーバーメッセで発表 - さらにインテリジェントなオートメーション!

"We automate.Safely":2017年4月24日~28日まで開催されるハノーバーメッセで、ピルツはお客様のオートメーションに対応する産業用ソリューション、新製品、サービスを紹介します。


安全なロボットアプリケーション用のトータルソリューション

ピルツはガードのない正真正銘の協働ロボット(HRC)の安全な実装方法を、安全対策をすべてピルツ製品で実現するHRCアプリケーションのデモにより紹介します。そのすぐ傍にはデモで使用されている2製品を展示します。ピルツは、力および圧力の革新的な測定システムPROBmsにより、HRCアプリケーションの妥当性確認のための完全なパッケージを提供します。セットには、衝突した場合に効果のある力をISO/TS 15066に準拠して決定する衝突測定装置が含まれています。

新製品の安全レーザスキャナPSENscanはロボットアプリケーションのユーザもサポートします。ライトグリッドによる保護とは異なり、PSENscanは危険区域全体を常時監視します。そして、もしも危険区域に人がいる場合には、再起動は回避されます。


Industrie 4.0に対応する安全

スマートファクトリーのモデルでは、カスタマイズされた製品が、高い費用対効果を発揮しながら、簡単な操作で、柔軟に製造される様子をお見せします。構成部品は、センサやドライブからコントローラにいたるまですべてピルツ製です。これに新製品の電気的な有効化が可能な非常停止ボタン、PITestop activeも加わります。状態が有効または無効であることを照明で表示します。この製品はIndustrie 4.0の精神に則り、機械や設備のセクションごとの有効化/無効化を安全に切り替えることができます。

新しいオープンソース産業用PC、産業用PIは企業のスマートファクトリー開発を支援します。自由に利用できるソフトウェアのおかげで、幅広いアプリケーション分野での利用が可能です。産業用PIは、IIoTゲートウェイとしてプラントや機械のすぐ近くでデータの収集、評価、処理を行い、モノのインターネットをクラウドサービスに接続します。


設備機械の視覚化ソリューション

操作および監視分野でも新製品をご用意しています。ハノーバーメッセでは、ウェブベースの視覚化ソフトウェア PASvisuを紹介します。OPC UA インタフェースにより、PASvisuを小型安全コントローラPNOZmultiやその他の一般的なコントロールシステムにも接続可能になりました。


興味がありますか?ホール9、D17の当社ブースでお待ちしております。
ぜひお立ち寄りください。


詳細情報:

ピルツ、ハノーバーメッセに出展

2017年の新製品
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp