地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

SPS/IPC/Drives 2016で発表する新製品

SPS IPC Drivesで展示する予定の新しい製品やソリューションを今からご確認いただけます。

ピルツはニュルンベルクで"We automate. Safely"のテーマを掲げ、今年もセンサ、コントローラ、ドライブの新製品、並びに対応する診断・視覚化システムやソフトウェアを展示します。


トータルオートメーションを実現する革新的な製品

センサ技術の分野では、新しいタイプ4ライトカーテンPSENopt IIとタイプ2およびタイプ4に対応する幅狭なPSENopt slimを展示します。これらの製品は生産工程へのアクセスを可能にし、要件に応じたフィンガーおよびハンドプロテクションを提供します。RFID式安全近接スイッチPSENcodeはコンパクトなSDD(安全装置診断)との併用も可能になりました。これによってデータを長距離に渡って簡単に回収できるため、サービスやダウンタイムを削減できます。

全体を見渡せることによって可用性が向上するのはセンサだけではありません。新しい視覚化ソリューションPMIvisuでピルツはハードウェアとソフトウェアの親和性強化に注力しています。ピルツ制御ソリューションのユーザは新しいオペレータターミナルを使用して設備をフルに操作、診断、監視することができます。

ピルツはまた制御技術の新製品もいくつか展示します。大規模なオートメーションプロジェクトに対応し、最大の柔軟性を得るために、13台までの増設モジュールをベースユニットPNOZ m B1の右側に接続できるようになりました。また、ピルツの次世代のユニバーサルリモートI/Oシステムおよび制御システムPSSuniversal 2も展示します。技術的、機械的改良により、ユーザは時間やコストを節約できます。

ドライブ技術の革新技術として、ピルツは新しいモーションコントロールシステムPMCprimo MCも展示します。この拡張可能なモーションコントロールソリューションは、高度なモーションタスクに対応する高性能な1.3 GHzプロセッサ搭載のスタンドアロンソリューションです。


ロボティクスとIndustrie 4.0 - デモで体験

これらの新製品の他、ピルツブースでは、人とロボットの協調作業(HRC)を安全に実装する方法を実際にご覧いただけます。さらに、当社のスマートファクトリーでは、モジュラ式の分散型設備機械の概観を維持する方法も紹介します。

興味がありますか?ホール9、スタンドD17でご来場をお待ちしております。


詳細情報

SPS/IPC/Drivesにピルツ出展

SPS/IPC/Drives 2016で新製品をご覧ください。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

プレスセンター

電話: +49 711 3409-158
Eメール: presse@pilz.de