地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

2016/07/07

PASvisuでオートメーションプロジェクトを視覚化!

ウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuの新しいリリースで幅広い言語に対応するオプションが提供されます。

ウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuを使用してオートメーションプロジェクトをあらゆる言語でコンフィグレーションおよび視覚化できるようになりました。


PASvisuがすべての言語に対応 - バージョン1.1の新機能

  • PASvisu Builderエディタおよびランタイムの言語切替:システムの基本的なテキストはすべて英語とドイツ語で用意されています。お客様独自のテキストに加え、これらのテキストをあらゆる原語に翻訳可能です。
  • 言語ファイルのエキスポート: 翻訳後簡単にリインポートできます。新しい言語をすぐに利用できます。
  • 世界の全言語対応キーボード: キーボードはソフトウェアにインストール済みで、直接使用できます。


その他の新しい機能

追加の定義済みGUIファンクション(タイル):

  • 管理 – パスワードの修正やシステム時間の変更
  • 数字ボタン– 変数の数値入力用
  • 言語の切り替え – ユーザフレンドリーなプロジェクト言語の切り替え


2つの新しいシステムを利用可能:

  • ActivePage:この変数は視覚化が有効なページに関する情報を制御システムに提供します。
  • SetPage:この変数は制御システム経由で規定のページを自動で呼び出す能力を制御します。そのため、エラー発生時などに、対応するメッセージを視覚化装置に自動で表示できます。

PASvisuはピルツのオートメーションシステムPSS 4000と完全な互換性があります。制御ソフトウェアPAS4000オートメーションシステムの一部として、視覚化ソフトウェアPASvisuとの接続に理想的です。これによって、機械の全ライフサイクルに渡って首尾一貫した制御システムと視覚化が実現されます。

PASvisuバージョン1.1をダウンロード(無料)すれば、すぐにオートメーションプロジェクトを設定できます。稼働中は実際に使用するソフトウェア機能のみご購入いただきます。


詳細情報:

ソフトウェアの全情報と無料ダウンロード

PASvisuでオートメーションプロジェクトをあらゆる言語で視覚化可能に