地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

2016/02/26

オートメーションシステムPSS 4000のプログラミング方法

このチュートリアルでは、PAS4000のエディタ機能の説明やプロジェクト構造のヒントが得られます。

安全およびオートメーションのためのPLCプログラミングエディタ

オートメーションシステムPSS 4000の制御システムPSSuniversal PLCをオートメーションおよび安全タスク用のEN/IEC 61131-3に準拠するPLCとしてプログラミング可能です。これによって、安全およびオートメーションのさまざまなプロジェクトを実装できます。

ソフトウェアプラットフォームPAS4000のすべてのエディタはTÜV Südにより、LVL (Limited Variability Languages)に分類されています。従って、PAS4000はPAS IL (Instruction List)PAS STL (Structured Text)もLVL言語として使用できる初めてのツールです。つまり、PLCプログラミング用エディタは、安全関連ユーザソフトウェアを作成するための要件を満たしています。PLCプログラミング言語とブロック型のプログラムエディタPASmultiとのシンプルな組み合わせも可能です。


容易なプログラミング   

このチュートリアルではエディタPAS IL, PAS STLおよびPAS LDを使用して制御システムPSSuniversal PLCをプログラミングする方法が紹介されます。当社の専門家がエディタの基本機能やエディタを使用してプロジェクトをビルドする方法を説明します。さらに、プロジェクトをもっと簡単に実装できる貴重なヒントと秘訣も紹介されます。

オートメーションソフトウェアPSS 4000のチュートリアルをフォローすれば、最新情報が得られます。今後、プロジェクト完了、ライセンス登録、オンラインヘルプなどのビデオもシリーズに追加されます。


詳細情報:

プログラミングのビデオチュートリアル

PSS 4000のYouTubeビデオ

オートメーションシステムPSS 4000のプログラミング方法

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

プレスセンター

電話: +49 711 3409-158
Eメール: presse@pilz.de