地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

2016/07/18

日本の法律と規格

設備と機械に関する世界の安全.

日本の労働安全衛生法には危険な機械または危険な環境で使用される機械には政府機関の指定する適切な保護装置を装備する必要があることが記載されています。これによってたとえばゴムフライス盤、プレス機、クレーン用過負荷防止装置、木工用のこ盤、爆発性雰囲気内の電気部品も影響を受けます。一部の機械は製造や使用の前に政府機関からの認証が必要です。ボイラー、クレーン、圧力容器、エレベータがこのカテゴリに該当します。


労働安全衛生関連の要件

労働安全衛生法では、機械メーカ―が機械の使用に関するリスク情報を提供し、各雇用者/機械ユーザがリスクアセスメントを実施することを努力義務とすることを要求しています。


産業安全およびリスクアセスメント対策

JISHA(日本労働安全衛生協会)は主に日本におけるリスクアセスメントの導入と労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS) の設立を主にサポートします。日本の法律では、雇用者/機械ユーザは労働安全衛生対策の実施を保証する義務があります。従業員は雇用者の実施するそのような活動をサポートする義務があります。

リスクアセスメントの手順については国際規格と整合性のあるJIS (日本産業規格) に記載されています。特定の化学物質が使用される場合リスクアセスメントは必須ですが、他の産業では現在要求されていません。


詳細情報:

機能安全規格の参考文献

ピルツサービスの範囲
 

日本の設備と機械に関する世界の安全