地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

2015/06/15

PNOZsigmaの配線作業を削減

新製品: 接点増設モジュールPNOZ s20(半導体出力付き)

安全リレーPNOZsigmaには、長年の経験と最新の安全技術が統合されており、少ない労力で最高の安全性とコストパフォーマンスが得られます。非常に幅狭なハウジングと、各ユニットに多機能を凝縮することにより、PNOZsigmaは最小幅で最大の機能を提供します。このため、省スペースを実現しながら、高い柔軟性によって安全技術を効率的にすばやく実装できます。新製品PNOZsigma接点増設モジュール幅わずか22.5 mmの本体にPL eおよびSIL CL 3まで対応する、半導体技術採用の瞬時安全出力2点を装備しています。


半導体出力を増設可能

PNOZ s3などのベースユニットと併用することで、半導体出力の増設が可能です。配線は不要で、1個のコネクタを手で差し込むだけで済みます。

最大半導体出力が10点必要な場合、接点増設モジュールPNOZ s20を直接ベースユニットに接続できます。それ以上の安全半導体出力が必要な場合も、 接点増設モジュールPNOZ s7.1を中間に接続すれば、ほぼ無限に半導体出力を増設できます
 

さまざまな利点:

  • コネクタで接点を増設することで配線作業を20%削減
  • 半導体出力をカスケード接続によって増設できるため柔軟なアプリケーションを実現
  • ケージ式端子バージョンで迅速な取り付け
     

24 VDCの標準的なアプリケーション:

  • バルブ
  • 接点増設
  • プレスで両手操作およびベースユニットPNOZ s6と併用(例:プレスバルブのイネーブル)


詳細情報(オプションの発注を含む):

安全リレーPNOZsigma - 設定増設モジュール

安全リレーPNOZsigma