地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

2016/06/08

オーストラリア/オセアニアの法律と規格

設備と機械に関する世界の安全

オーストラリアでは、州と準州が安全法の起草と実施に関する責任を負っています。しかし、産業安全に関する個々の法律とその要件は非常に似通っています。関連法は、労働安全衛生法に基づいています。この法律では、人々の義務および注意義務とさまざまな責務が定義されています。さまざまな安全分野の多くの規制と実施基準は、州の労働安全衛生法に分類されます。


司法ルールとしての規制

行動規範は通常法的拘束力を持ちません。しかし、関連する法制度で、安全な職場設計のための対策を評価する基準として頻繁に閲覧されます。準拠していない場合、非常に深刻な結果を招くことがあります。


規格の法的拘束力は?

規制は"Standards Australia(オーストラリア国際規格協会)"の起草する豪州規格を頻繁に参照します。しかし、少数の注目すべき例外を除いて、豪州規格に法的な強制力はありません。ただし、これも同じように、裁判所はリスク軽減のための十分な対策が取られていたかどうかを評価する必要があるときに、これらの規制を参考にします。


最も関連する規格

AS4024.1はオーストラリアで最も重要な機械安全規格の1つです。適合義務はありませんが、注意義務の怠慢などを避けるための重要な防止策になっています。その反面、規格への不適合は、重大な法律効果が発生する可能性があります。


多くの豪州規格は国際規格に基づいています。

国際的な整合性を取るため、 Standards Australiaは公式に、国際規格(ISOまたはIEC)を可能な限り採用する方針です。対照的に米国規格 (ANSI規格) は、豪州、ISO、ENの各規格にほとんど対応しておらず、オーストラリアでの重要性はほとんどありません。


詳細情報:

機能安全規格の参考文献

ピルツサービスの範囲

オーストラリアの法律と規格