地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

2015/04/09

PSENslockの新製品

安全扉システムPSENslockから2種類の新製品が発売されました。

PSENslockは1つのコンパクトな製品で安全扉監視と電磁プロセスガードに対応します。最大の不正操作防止機能を提供し、扉、フラップおよびカバーも保護します。お客様のタスクを最適にサポートするために、2つの新しいタイプがPSENslockシリーズに追加されました(PSENslock 6.1およびPSENslock 3.1/4.1/4.2)。


迅速な故障診断のための拡張診断機能

特にアプリケーションで複数のPSENslockが使用されている場合、拡張診断機能を装備するPSENslock 6.1 を使用することで、ユーザはガードロックを有効化できなかったスイッチを検出することができます。このため、診断に要する時間が短縮され、エラー発生時に時間を節約できます。
 

アプリケーションの柔軟性を増すガードロックから独立したOSSD

PSENslock type 3.1/4.1/4.2はガードロック(OSSD)から独立した安全出力を装備し、ガードロックの状態にかかわらずOSSDを切り替えることができます。従って、ユーザにとってアプリケーションの柔軟性が増し、設計の幅も広がります。

どちらのタイプも8ピンバージョンで、各種PNOZリレー、PNOZmultiコントローラ、オートメーションシステムPSS 4000を使用して評価できます。また、他のPSENslock、安全扉システムPSENsgateおよび安全スイッチPSENcodeの直列接続も可能です。
 

さまざまな利点:

  • 最大の安全: PL e / SIL 3まで準拠するアプリケーションの安全扉監視
  • プロセス保護: 磁気ガードロック(保持力500 Nまたは1000 N)
  • 多自由度アクチュエータ: 多自由度により扉がずれている場合も自由に移動
  • 高い柔軟性: お客様の幅広いアプリケーションに適したタイプの製品を選択可能
  • 新しいファームウェアでアプリケーションのオプションが拡張:
    - 直列接続により診断機能拡張
    - OSSDがガードロックから独立して切り替え
  • コンパクト設計で組み立てが簡単
  • すべて完備するワンストップシステム:
    - PNOZリレー、PNOZmultiおよびPSS 4000による評価
    - PSENslock, PSENsgateおよびPSENcodeと直列接続可能
     

ハノーバーメッセ (ドイツ) にご来場ください- 安全扉システムPSENslockの新製品を喜んでご紹介します。
 

詳細情報:

安全扉システムPSENslock

ハノーバーメッセでPSENslockを体験

安全扉システムPSENslockの新製品