日本 | 日本語

2015/05/21

エンジニアリング工数削減 - プロジェクトのランタイム短縮

オートメーションシステムPSS 4000はエンジニアリングを削減できます。

多くのオートメーションシステムでは、コンフィグレーションやプログラミングを実行するハードウェアを選択する必要があります。さらに、取り付け後の変更には高額を要します。


オートメーションシステムPSS 4000にはこれは当てはまりません。ハードウェアの選択やハードウェアへのプログラムの割り付けはコンフィグレーションの段階からほぼ独立しているため、ずっと後のプロセスで行うことができます。


そのため多くの利点があります:

  • サブタスクを並行して処理できるため、プロジェクトのランタイムを短縮: ハードウェアの選択およびプログラムのハードウェアへの割り付けをずっと後のプロセスで実行可能
     
  • 機械を後から増設可能: ユーザプログラムを他の制御システムに造作なく分散化
     
  • 個々の機械部品の部分的な試運転および運転: アプリケーションの作成や運転時に柔軟な独自の対応が可能


詳細情報:

オートメーションシステムPSS 4000

オートメーションシステムPSS 4000はエンジニアリングを削減できます。
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp