地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

2015/06/24

ドライブを安全に監視

PSS 4000の制御システムが高度なモーション監視機能に対応しました。

制御システムPSSuniversal PLCとPSSuniversal multiが高度なモーション監視機能に対応しました。新しいコンパクトI/Oモジュール (PSSu K F EI) には、高速ローカルシャットダウン機能が搭載されています。これにより、応答時間の短縮と生産性向上のメリットがあります。
 

さまざまな利点

  • PLCのサイクル時間にかかわらず、ドライブの高速シャットダウンによる高速な応答時間と高い生産性
  • ソフトウェアによる便利な速度機能の設定
  • ユーザプログラムで閾値(制限速度など)を変更するだけで、アプリケーションを精密に調整できます。
  • 設定パラメータのわかりやすい診断による動作中の容易な試運転と時間短縮
  • 既存のエンコーダシステムの使用や、すべての一般的なロータリエンコーダ/フィードバックシステム(sin/cos, TTL, HTL, 近接スイッチ)への接続性により、コストの削減可能


ドライブ監視のモーション監視機能:

  • EN 61800-5-2に準拠する安全機能の実装:
     - Sin/Cosロータリーエンコーダ1台のみでPL d まで達成
     - 安全ロータリーエンコーダを使用する場合、PL eまで達成
     - ロータリーエンコーダと近接スイッチにギア監視を追加する場合、PL eまで達成
  • 安全速度範囲:SSR
  • 安全速度監視:SSM
  • 安全方向:SDI
  • 安全動作停止 :SOS


ピルツのオートメーションソリューションを使用すれば、ドライブを安全に効率よく監視できます。

 

詳細情報:

オートメーションシステムPSS 4000

PSSuniversal I/Oモジュール

ピルツの安全モーション監視