地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

2015/06/19

機械安全手順書(3)

システムの実装とレビュー: シリーズのパート3を今すぐお読みください。

当社の「機械安全手順書」シリーズには、安全な機械を実現するために必要なすべての情報が含まれています。パート3ではシステムの実装およびレビューを扱います。
 

ステップ5: システムの実装

選択された安全対策がリスクアセスメントの結果と安全設計に基づいて実装されます。これには以下が含まれます:

  • 適切なサプライヤの選定と相互協力
  • コンポーネントの購入とシステムソリューションの実装
  • 制御システムのコンフィグレーションと視覚化インタフェースの作成
  • 設備および機械の電気設備
  • 機械式保護装置と油圧コンポーネント
  • 制御盤の検査および製造
  • 機械の作業者および保守作業員のトレーニング
     

ステップ6: リスクアセスメントのレビュー

リスクアセスメントのレビューでは、以前に取られたステップの見直しを行います: 保護対策は正しく実装されていますか?機械制御システムに関連する安全対策は安全要件に基づいて、正しく設計、実装されているでしょうか?機械が安全であることを証明するするために、妥当性確認は必須です。レビューでは機能試験、安全システムの故障シミュレーション、(接地線、騒音などの)さまざまな対策も実施します。その後、これらの結果が記録、文書化されます。

続編… シリーズ最後のパート4で、取扱説明書とCE認証についての情報をまもなく提供します。
 

詳細情報:

シリーズのパート1: リスクアセスメントと安全コンセプト
シリーズのパート2: 安全設計と安全コンポーネントの選定
システムの実装
安全の妥当性確認

機械安全手順書: システムの実装とリスクアセスメントのレビュー