地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

8つの新しい機械安全指令

低電圧指令2014/35/ECおよびEMC指令2014/30/EC:8つの新しく改訂された指令を含む、欧州委員会発行の官報の変更点が記されています。

欧州委員会は8つの改訂された指令を含む、2014年3月29日付の欧州官報L 96を発行しました。2016年4月20日から新しい指令の適用が義務付けられます。機械メーカおよびオペレータにとって、新しい低電圧指令2014/35/ECとEMC指令2014/30/ECが特に重要です。


低電圧指令およびEMC指令の根本的な改訂

低電圧指令とEMC指令の多くの箇所が根本的に改訂および変更されました。2つの指令の最も重要な変更点の概要:

  • 必要な文書を保管し、さらに10年間利用できるように保管し続けることが明確に要求されています。
     
  • 文書は現地の当局並びに設備や機械のエンドユーザが理解できる言語で書く必要があります。
     
  • 可能であれば、メーカの所在地を機械上に表示する必要があります。
     
  • 輸入業者 / 販売代理店は、安全やコンプライアンスの問題が発生または推定される場合、市場監視当局並びに関連する国の当局に告知する義務があります


改訂された指令の概要

現行の官報によると、下記の指令も改訂されています:

  • リフト指令2014/33/EC
  • ATEX指令2014/34/EC
  • 単純圧力容器指令2014/68/EC
  • 非自動重量計指令2014/31/EC
  • 測定機器指令2014/32/EC
  • 機械指令2014/28/EC


詳細情報:

2014年3月29日付官報L96をダウンロード

規格の適用に関する情報を提供するSafety Compendium