地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

2014/03/13

LOTOで安全性を強化

危険エネルギーの管理および絶縁システムを合理化できます。

ロックアウト・タグアウト(LOTO)プログラムが危険エネルギーの絶縁および制御の最良の手段として、近年認められています。ロックアウト・タグアウトとは、機械を絶縁状態で施錠し、札などで表示することを意味します。特定のタスクのための機械の絶縁手順を作成し、機械の作業者にトレーニングを実施することもLOTOシステムの一部です。


リモートエネルギー絶縁システムとロックアウトタグアウトの組み合わせ

大規模な製造工場の場合、リモートエネルギー絶縁システムを実装することで、LOTOシステムの安全性やわかりやすさがさらに強化されます。両方のシステムを組み合わせると、効率的な遠隔監視や多数の絶縁箇所を制御することができます。手順が簡単になり、1つのロックを使って複数の装置を制御するメリットがあります。


エネルギー絶縁装置を管理する規格が発行されました

UL6420が発行されるまで、単体装置とみなされるシステムの絶縁を管理する規格は存在しませんでした。この規格はANSI(American Natonal Standards Institute)によって認証されています。エネルギー絶縁システムは順守する規格を参照して製造することが可能になりました。


安全技術の専門家に、お客様にぴったりなエネルギー絶縁ソリューションの設計や実装をお任せください

ピルツの機械安全エキスパートが 御社のエネルギー絶縁システムの設計および実装を行い、御社の従業員に最も安全な労働条件を保証するお手伝いをします。ピルツでは、お客様と密接に協力し合い、お客様のニーズを理解し、お客様に合わせた時間やコスト効率のよいソリューションを生み出します。


詳細情報:

システムの実装

ロックアウト・タグアウト