日本 | 日本語

2014/07/16

CANopenおよびEtherCATへのネットワーク接続

さまざまなピルツシステムをCANopenおよびEtherCATに接続するゲートウェイで、エンジニアリングの工数を削減できます。

ゲートウェイPSSnetは制御システムPSSuniversal PLCおよびPSSuniversal multi、モーションコントロールシステムPMCprimo、診断装置PMIをEtherCATおよびCANopen通信ネットワークに組み込むために使用されます。エンジニアリングの工数を削減できることがこれらのゲートウェイの特長です。装置のLEDによって、迅速でユーザフレンドリーな診断を実現します。


ゲートウェイPSSnetの利点:

  • 固定の事前定義された
    マッピングにより、エンジニアリングの工数削減
     
  • ウェブサーバ経由でコンフィグレーションを容易に変更、拡張 - たとえば、IPアドレスをこのように変更可能
     
  • コンフィグレーションツールの追加不要
     
  • 診断は製品のステータスLEDで表示され、ウェブサーバー経由で
    より総合的な診断も実施可能

     
  • ウェブインタフェースでフィールドバスデータの表示や
    数値の入力が可能なため、容易な試運転
    やサービスが可能になります。
     

ピルツのシステムやコンポーネントを簡単に既存の構造に組み込むために、ゲートウェイPSSnetをご利用ください。オートメーション: トータル&シンプル!


詳細情報:
 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp