日本 | 日本語

ピルツ取締役会

レナーテ・ピルツ

Pilz GmbH Co. KGの取締役会長、レナーテ・ピルツ

レナーテ・ピルツ(1990年生まれ、グッピンゲン出身)は1975年から1994年までピルツの諮問委員会の委員長を務めました。その後、Pilz GmbH & Co. KGの経営パートナーとして経営を引き継ぎました。取締役会はレナーテ・ピルツの他、娘のスザンネ・クンスチャート、息子のトーマス・ピルツで構成されています。レナーテ自身は製品管理、販売管理、カスタマーサポート、マーケティングを担当しています。また、ピルツの国際展開の推進に貢献し、今日では全大陸にピルツの関連会社が存在します。

2017年末でレナーテ・ピルツは取締役会から退き、会社の経営を完全に娘と息子に委任します。

2013年に、バーデンビュルテンブルクとその住民への功労に対して、レナーテ・ピルツにStaufer金メダルが授与されました。

スザンネ・クンスチャート

Pilz GmbH & Co. KG.の経営パートナー、スザンネ・クンスチャート

スザンネ・クンスチャート(経営学修士)は1970年にオストフィルダンで生まれました。レーゲンズブルク大学で経営学を学び、卒業後、Dürrのアメリカとイギリスの子会社で就業しました。その後シュツットガルトWeilimdorfのErnst & Youngで監査役補佐を務めました。2002年以降、Pilz GmbH & Co. KG経営パートナーとして、経理、管理、人事、組織管理を担当しています。

2018年からスザンネ・クンスチャートは、製品管理、販売管理、カスタマーサポート、マーケティングを経営陣から退く母のレナーテ・ピルツから引き継ぎます。

トーマス・ピルツ

Pilz GmbH & Co. KG.の経営パートナー、トーマス・ピルツ

トーマス・ピルツ(経営学修士)は1967年にエスリンゲンで生まれました。パッサウ大学で経営学を学び、1996年から2005年まで、北米のピルツの子会社Pilz Automation Safety L.P(ミシガン州、カントン)で代表取締役として就業しました。2005年以降、Pilz GmbH & Co. KG経営パートナーとして、IT購買、研究開発、品質管理、生産を担当しています。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp