日本 | 日本語

オートメーションの未来: 今後の方向性は?

オートメーション

将来、オートメーションでどんなテーマが重要になりますか?企業が技術革新を推進し、新しい技術の先駆者であり続けるには、何をしなければなりませんか?未来のオートメーション技術者の仕事内容はどのように変化しますか?

これらの質問がピルツの日々の仕事のヒントになります。技術革新、デジタル化、ロボティクスなどのテーマに特に注力します。ピルツはすでに未来形のオートメーションにどのように対処するか深く考えています。

 

技術革新が当社のDNA

ピルツはガラス吹き事業からトランジスタベースのタイマリレーの製造業者へと着実に成長し、産業用制御電子機器から安全オートメーションのサプライヤへと進化を遂げました。世界初の非常停止リレーPNOZなどの製品で産業史に残る偉業を成し遂げました。

未来のオートメーションには新しいコンセプト、製品およびソリューションが求められます。そのため、当社は引き続き技術革新管理分野の能力を引き続き拡大していきます。技術革新のアイディアを考案し、市場投入、業界対応の準備を進めます。これこそがピルツの本来の役割と言えます。なぜならピルツのDNAには技術革新が組み込まれているからです。

EMC試験室

ロボットこそが未来!

ロボティクス

ロボットのない工場?未来のスマートファクトリーではほとんど考えられません!自立システムやロボットの数は今後も増え続けます。これらは従来より速い経済循環に対応します。あらゆる生産分野において、お客様の個別の要件に合わせてより柔軟な生産を行うことが課題です。

人とロボットがより密接に共同作業を行えば、より精度の高い安全要件が求められます。人がロボットの同僚と安全に協働する方法は?これは我々が特に興味のある中心テーマです。当社はすでにサービス、部品、システム、ロボット安全関連のトレーニングなどを通して、お客様が安全なロボットアプリケーションを実現するお手伝いをしています。

しかし、未来のロボットでインテリジェントセンサ技術はどのような役割を果たすのでしょうか? センサが取得したロボットからのリアルタイムデータをより深い分析で使用する方法とは?作業者の保護 (安全)だけでなく第三者の不正アクセスからのアプリケーションの保護(セキュリティ)も考慮する方法は? これらの課題は、今後ピルツがさらに注力していく課題です。

スマートファクトリーのオートメーション4.0

ネットワークに接続する機械、インテリジェントな分散型コンポーネント、モジュラ生産:これらのキーワードはIndustrie 4.0.の多面性を表します。ピルツもまた、未来の生産のオートメーションの形体とは?と言う質問を投げかけます。

オートメーションシステムPSS 4000を使用して、当社は互いに独立して動作する複数の制御システムをネットワーク接続できます。中央のソフトウェアプラットフォームにより、ユーザはすべての制御システム全体を一望できます。このマルチマスタアプローチは、未来の工場ではほぼすべてのシステムで標準になるはずです。Cloudベースのファンクションブロックが新しいサービスで補完されます。そうすることで、部品が信号を独自に送信可能になるため、生産施設が再注文して材料を補充できるようになります。エンジニアリング段階の貴重な時間や生産プロセスが結果的に保存されます。

ITセキュリティデータ保護の未来の要件は? デジタル経済のニーズに応える統一された規格に必要な形式は? 当社はこのような疑問について研究パートナーであるSmartFactory KL、Arena 2036、Industrial Internet Consortiumなどのパートナーと共に調査します。

スマートファクトリー
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp