ピルツの世代交代

レナーテ・ピルツとオートメーションシステムPSS 4000

2017年末、レナーテ・ピルツが ピルツの取締役会から引退しました。過去10年間共に会社を牽引してきた娘のスザンネ・クンスチャートと息子のトーマス・ピルツに会社の経営を引き継ぎました。これによりピルツは同族企業として存続します。

レナーテ・ピルツは、会社の意思決定に影響力を持ち、多くの製品の革新と会社の国際化を進めてきました。夫で当時の社長であったピーター・ピルツの早逝の後を継いで会社を継続させ、彼の遺志を引き継ぐことが彼女の情熱でした。機械安全を全世界に広めるというビジョンはピーター・ピルツから始まりました。最初から、ピルツは規格を定めました。当社の製品とソリューションは、安全オートメーション技術のブランドとして確立されています。

レナーテ・ピルツの経営により、ピルツは世界中に進出しました。従業員200人のシュヴァーベンの中小企業は、世界で2000人の従業員を擁する企業へと成長しました。レナーテ・ピルツ会長は多大な献身と情熱によって会社を発展させました。このとして、世界初のプログラマブル安全コントローラの開発があります。これは、ピルツが業界の歴史を作った革新的で勇気ある道です。従業員チームと共に、プラントの安全について世界共通の評価基準を作るため、重要な規格および指令の策定や立案に携わりました。

2018年以降、スザンネ・クンスチャートとトーマス・ピルツが、既存の社是と共同で作成された戦略に基づいて、会社を前進させます。両者が将来的に取り組む課題として、産業における革新的なデジタル化とピルツのロボットがあります。

過去。現在。未来: ピルツの過渡期

次の理由から責任と価値観は、ピルツのビジネス文化に深く刻み込まれています。価値観が将来を築く!価値観に基づいた事業経営やピルツの目覚ましい社史をぜひお読みください!

 

数字、データ、実績: ピルツのプロフィール

ピルツがトータルオートメーションの実現のために提供できる製品やソリューションとは?ピルツにとって、研究開発はどれほど重要でしょうか?ピルツが他とどう違うのかについて詳細をご覧ください

社史

アイディアで世界進出

安全とオートメーション機能の統合: ピルツブランド

The spirit of safety

安全の追及が当社の日々の思考や行動の基礎を形成しています。当社のビジョン"The Spirit of Safety"によって、ピルツは世界有数のオートメーション技術サプライヤとなりました。当社は、オートメーションソリューションを使って、人、機械、環境の安全をつくり出しています。

当社の規範についてお読みください。

企業理念

最高水準の開発: 水銀リレーから視覚化ソフトウェアまで

共に成功へ: ピルツと共に歩む仲間

私たちは、ピルツ社の同僚とレナーテ・ピルツ会長の長年の友人たちに次のような質問をしました。

ピルツ会長に初めて会ったのはいつですか。最初の出会いはどうでしたか。ピルツ会長に将来何を望みますか。

今回ピルツの「舞台裏」という動画を作成しました。長年にわたるパートナーがピルツファミリーと会社の歴史をどのように体験し、会社の今後をどのように見ているか、詳細をご覧ください。

ピルツは、積極的にオートメーションの将来を形にしています。

ピルツマネージメント

広範囲にわたる社会活動に加えて、ピルツの取締役会は、多数の委員会や機関で積極的に活動しています。私たちの情熱は、オートメーションの安全性を向上させ、研究を大幅に進歩させて、最先端の技術を開発することです。現在でも、業界の最新の話題を積極的に作り出し、未来のオートメーションのソリューションに取り組んでいます。

未来のオートメーションの様相は?現在すでに取り組んでいる未来のテーマについてお読みください!

未来のオートメーション

レナーテ・ピルツ

  • SPS/IPC/Drives出展社諮問委員会委員
  • ウルム大学審議会委員

トーマス・ピルツ

  • German Engineering Federation (VDMA)理事会理事
  • マイクロエレクトロニクス研究所研究組合理事会会長(Forschungsverein des Instituts für Mikroelektronik Stuttgart e.V.)
  • ドイツオートメーションおよびマイクロエレクトロニクス研究組合(DFAM)諮問委員会委員長

スザンネ・クンスチャート

  • 2010年より、ドイツ政府に助言する中央の革新的な政策機関である研究同盟(Forschungsunion)に任命される。
  • 2011年よりカールスルーエ工科大学(KIT)監視委員会委員
  • 2014年よりGerman Association for the Facilitation of Research Transfer (GFFT)名誉会員
  • バーデンビュルテンベルク州のIndustrie 4.0研究同盟、運営委員会委員
  • 2015年よりバーデンビュルテンベルク州経済振興公社(bw-i)、諮問委員会委員
  • 2016年よりバーデンビュルテンベルク州ドイツ技術協会(VDMA)理事会副会長

ピルツの製品は世界中のアプリケーションで使用されています。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp